スポンサーリンク

「優しさ」と「思いやり」と「親切」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「優しさ」と「思いやり」と「親切」の違いとは?生活・教育

この記事では、「優しさ」「思いやり」「親切」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「優しさ」とは?

「優しさ」「やさしさ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「姿や雰囲気などが優美なこと」という意味で、上品で美しいと思う様子を言います。

2つ目は「人に対して細やかな気遣いができること」という意味で、他人をいたわる気持ちを持つことを言います。

3つ目は「性格が穏やかでやわらかいこと」という意味で、おとなしくて好ましい性質であることを言います。

4つ目は「刺激が少ない」という意味で、他に悪い影響を与えないことを言います。

上記に共通するのは「穏やかである」という意味です。

「優しさ」の使い方

「優しさ」は形容詞「優しい」の名詞形で、「優しさがある・ない」「優しさを感じる・感じない」などと使われます。

基本的に、人が自主的に相手の為に良かれと思って労わったり、暖かく接することを言います。

「優しさ」の例文

・『彼の言葉には優しさがこもっていた』

「思いやり」とは?

「思いやり」「おもいやり」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「他人の気持ちや事情に心を配ること」という意味で、相手に共感したり同情したりする心のことを言います。

2つ目は「想像や推察」という意味で、あれこれと想像をめぐらすことを言います。

上記に共通するのは「相手のことを考える」という意味です。

「思いやり」の使い方

「思いやり」は動詞「思いやる」の名詞形で「思いやりがある・ない」「思いやりを持つ・持たない」などと使われます。

基本的に、相手の気持ちや事情を考えて、接したり見守ったりすることに使われる言葉です。

「思いやり」の例文

・『あの施設の職員は皆、高齢者に対する思いやりの気持ちを持っている』

「親切」とは?

「親切」「しんせつ」と読みます。

意味は「相手の身になって、その人の為に行動すること」で、人の為に尽くすことを言います。

「親切」「親を切る」のではなく、「切に親しい」=「非常に親しい」という意味の言葉です。

「親切」の使い方

「親切」は名詞・形容動詞として「親切だ・である」と使われたり、形容詞として「親切な」と使われたり、副詞として「親切に」と使われたりします。

基本的に、相手を身近に感じて、良かれと思って一生懸命接することに使われる言葉です。

「親切」の例文

・『彼は何も知らない私に対して親切に仕事を教えてくれた』

「優しさ」と「思いやり」と「親切」の違い

「優しさ」「人が自主的に相手の為に良かれと思って労わったり、暖かく接すること」という意味です。

「思いやり」「相手の気持ちや事情を考えて、接したり見守ったりすること」という意味です。

「親切」「相手を身近に感じて、良かれと思って一生懸命接すること」という意味です。

まとめ

今回は「優しさ」「思いやり」「親切」について紹介しました。

「優しさ」「自主的に暖かく接すること」「思いやり」「相手の気持ちや事情を考えて行動すると」「親切」「親しみを持って接すること」と覚えておきましょう。