「友人」と「親友」と「大親友」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「友人」と「親友」と「大親友」の違いとは?生活・教育

皆さんにも色々な「友人」がいるかと思いますが、自分の趣味や好みが同じ友人もいれば、何でも相談できる「親友」もいることでしょう。

時には「大親友」と呼べる友人もいるかもしれません。

ここでこの記事では、「友人」「親友」「大親友」の違いを分かりやすく説明していきます。

「友人」とは?

「ゆうじん」という読み方をする「友人」「友だち」のことを意味しています。

学校や職場でおしゃべりしやすい相手や同じ趣味で語り合えるような相手を指して使うことがあります。

「友人」の例文

・『彼は同じクラスメートの友人です』
・『クラブに入部して友人がたくさんできた』
「友人」が使われる場面はいくつも挙げられますが、身近なシチュエーションでの例文を挙げてみました。

「親友」とは?

「親友(しんゆう)」「親しい友人」であり「仲がいい友人」「打ち解けてつき合っている友だち」という意味がある言葉です。

「親友」の例文

・『彼とは10年来の親友で僕の悩みを相談できる』
・『アイツは僕の親友なんだ。裏切るはずがない』
友人の中で特に親しい友だちである「親友」は、何でも相談できる友人。

そのために例文で見るように、他の人に相談できないことでも悩みを打ち明けることができることでしょう。

その一方で「親友」と思っていた相手に裏切られた時のショックはと手も大きくなるはずです。

「大親友」とは

「だいしんゆう」という読み方になる「大親友」は、「親友の中でも最も親しい友人」「かけがえのない友人」と言うことができます。

「大親友」の例文

・『大親友の悩みなら何でも協力してやれる』
・『大親友だからこそ、お前を助けたんだ』
一生のうちに「大親友」と呼べる一体何人いるでしょうか?それだけに「大親友」が困っている時は見返りなく助けることができるのかもしれません。

「友人」と「親友」と「大親友」の違い

ここで「友人」「親友」「大親友」の違いを見ていきましょう。

「友人」は日頃の付き合いの中で、同じ趣味だったり、気軽に会話できる仲のいい間柄の人を指しています。

それがクラスメートであったり、職場で仲が良く、一緒に食事に入ったりお酒の飲みいったりできる間柄でしょう。

これが「親友」となってくると、「非常に仲の良い友人」ということで、さらに踏み込んだ付き合いができる相手になってくると言えます。

特に他の人には相談できないようなことを何でも打ち明けることができるのが「親友」となるでしょう。

「大親友」となると、さらにその仲は深いものとなり、家族や恋人以上に何でも協力したり支援できる心から信頼できる相手と言えるのではないでしょうか?

まとめ

「友人」「親友」「大親友」の意味や違いを説明してきましたが、普段の付き合いの中で自分の悩みを聞いてくれる人が何人いるかと思った時にこれらの言葉の意味を改めてかみしめることになるかもしれません。