「贅沢」と「豪勢」と「豪華」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「贅沢」と「豪勢」と「豪華」の違いとは?生活・教育

この記事では、「贅沢」「豪勢」「豪華」の違いを分かりやすく説明していきます。

「贅沢」とは?

「贅沢」「ぜいたく」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「物に対して必要以上に金銭や材料を使うこと」という意味で、ものに対してお金や材料などを惜しまず使う様子を言います。

2つ目は「自分の理想に対してふさわしい程度を超えていること」という意味で、身の丈以上にものごとを望む様子を言います。

上記に共通するは「必要以上に使う」という意味です。

「贅沢」の使い方

「贅沢」は名詞・形容動詞として「贅沢だ・である」「贅沢する・した」と使われたり、形容詞として「贅沢な」と使われたり、副詞として「贅沢に」と使われたりします。

基本的に、度を超えてお金や物を費やしたり、理想を求めることに使われる言葉です。

「贅沢」の例文

・『彼は自宅にパーティールームを作り、贅沢な暮らしをしている』

「豪勢」とは?

「豪勢」「ごうせい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「並外れてお金を費やしていること」という意味で、自分の身の回りや生活を良くするために、多額のお金を使っていることを言います。

2つ目は「気前が良く派手なこと」という意味で、気軽にお金を使って派手にふるまうことを言います。

上記に共通するのは「派手にお金を使う」という意味です。

「豪勢」の使い方

「豪勢」は名詞・形容動詞として「豪勢だ・である」と使われたり、形容詞として「豪勢な」と使われたり、副詞として「豪勢に」と使われたりします。

基本的に、必要以上に良いものを求めて、多額のお金を使って派手にすることに使われる言葉です。

「豪勢」の例文

・『昨夜は豪勢に高級レストランでフルコースを味わった』

「豪華」とは?

「豪華」「ごうか」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「規模が大きくお金をかけていて華やかなこと」という意味で、建築物や構造物が立派でいかにもお金がかかっていると分かることを言います。

2つ目は「見た目・質感・雰囲気などに高級感があり、派手で目立つ様子」という意味で、ぱっと見た瞬間目を引く程高級で華やかな様子を言います。

上記に共通するのは「華やか」という意味です。

「豪華」の使い方

「豪華」は名詞・形容動詞として「豪華だ・である」と使われたり、形容詞として「豪華な」と使われたり、副詞として「豪勢に」と使われたりします。

基本的に、高級感があり、華やかで目立つことに使われる言葉です。

「豪華」の例文

・『休暇を利用して豪華客船でクルージングを楽しんだ』

「贅沢」と「豪勢」と「豪華」の違い

「贅沢」「度を超えてお金や物を費やしたり、理想を求めること」という意味です。

「豪勢」「必要以上に良いものを求めて、多額のお金を使って派手にすること」という意味です。

「豪華」「高級感があり、華やかで目立つこと」という意味です。

まとめ

今回は「贅沢」「豪勢」「豪華」について紹介しました。

「贅沢」「必要以上の浪費」「豪勢」「高級で質が良い」「豪華」「高級で華やか」と覚えておきましょう。