スポンサーリンク

「言及する」と「言う」と「追求」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「言及する」と「言う」と「追求」の違いとは?生活・教育

この記事では、「言及する」「言う」「追求」の違いを分かりやすく説明していきます。

特に「言及する」「言う」は互いに一部を含んでいるケースとそうでないケースの2通りが存在するため、目的に応じて使い分ける必要がありますので、本記事を参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

「言及する」とは?

「言及する」とは、ある事柄を話題に出すことを表す言葉です。

また、「言及する」は後述の「言う」に含まれているように思えますが、必ずしもそうだとは限りません。

「言及する」は実際に口頭によって行う訳ではなく、電子メールや書籍など「文字」で行ったとしても「言及する」と表現することが可能です。

用例としては「会議で社長は次世代製品の案についてまで言及した」「この記事では今後の政界行方についてまで言及している」などがあります。

「言う」とは?

「言う」とは、言葉を口に出すということ全般を表す言葉です。

思ったことや考えを口に出すこと、思うことを言葉で表現することを指します。

前述の「言及する」のように話題になるような内容でなく、特に意味のない「発言」や感情を訴える「発言」「言う」行為となります。

なお、「言う」の中には前述の「言及する」の一部も含みますが、それは口頭によって発せられたもののみ含みます。

一般的には「この本で著者が言っている」のような表現も少なくありませんが、厳密には「発言」を伴う行為のみが「言う」であり、電子メールや書籍で表現された「文字」「言う」には含みません。

用例としては「嬉しいと言う」「驚いて、うひゃあと言った」などがあります。

「追求」とは?

「追求」とは、追い求めること、どこまでも目的を達成しようとすることを表す言葉です。

主に、幸福や利益など前向きなものを追い求める際、何かに対して「粘り強く」「執着心」をもって取り組む際に使用されます。

「発言」や筆記など「言葉」を用いる行為も含みますが、それらに限らず、何かを追い求める行為や行動、姿勢の「全般」「追求」です。

「言及する」と「言う」と「追求」の違い

まず、「追求」「発言」や筆記など「言葉」に限らない行為ですが、「言及する」「言う」「言葉に出す」行為である点が違います。

次に「言及する」「言う」の違いについては2点あります。

1点目は、「言及する」「話題」となる言葉や文章のみに用いられるものですが、「言う」はこれに限らず、「発言」できる言葉全般である点が違います。

2点目は「言及する」は書籍や電子メールなど「文字」での表現も含みますが、「言う」は含まない点が違います。

まとめ

「言及する」「言う」「追求」についてまとめると以下となります。

「言及する」「発言」もしくは「文字」を使って「話題」に出すことです。

「言う」「発言」により思いを言葉に出すことの「全般」です。

「追求」「発言」や筆記など「言葉」に限らず何かを追い求める行為です。