「リース」と「レンタル」と「サブスクリプション」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「リース」と「レンタル」と「サブスクリプション」の違いとは?生活・教育

この記事では、「リース」「レンタル」「サブスクリプション」の違いを分かりやすく説明していきます。

「リース」とは?

大まかに言えば物を借りる意味を持つ言葉ですが、他の言葉と比べて契約期間が長いことが特徴で、一日で使用を終えるようなものを指してリースとは言いません。

特殊なメカニズムを持つ自動車に車両本体代金によるリース契約のシステムがありますが、こちらは次の車に乗り換えるまでの期間借りることが可能です。

オフィス機器ではコピー機のリースが身近な存在で、不動産のリース方式などもあります。

リース契約は解約のタイミングも選べるメリットもある点から月極めの支払いが一般的と言えるでしょう。

ここで挙げた自動車やコピー機など、リースする製品は他の人が使ったことのない新品であることが原則になります。

オフィス機器のリースは固定資産税がかかり、税法上の理由で途中解約ができません。

「レンタル」とは?

こちらも代金と引換に物を借りるという意味がありますが期間が短めとなっています。

1泊2日から借りることのできるレンタルビデオやレンタカーをイメージするとわかりやすいでしょう。

レンタル商品は必ずしも新品とは限らず、レンタサイクルやレンタカーなどは他の人が使ったあとで使うケースが前提となります。

オフィス機器にもレンタルはあり、固定資産税の申告が不要なことから事務処理の費用が低減できるというメリットがあります。

ただし一般にはオフィス機器のレンタルのサービスが少なめで長期使用であれば割高になります。

「サブスクリプション」とは?

一定期間に決められた金額を支払うことでそのサービスが使い放題になることを指し、インターネットでの音楽聴き放題のサブスクリプションなどがわかりやすいでしょう。

車のサブスクリプションであれば契約期間であれば色々な車に乗ることも可能なサービスもあります。

音楽や花のサブスクリプションのように返却の概念がないものも多くなっています。

新しいサービスだけに、サービス内での選択肢が広くなっていることも多いです。

「リース」と「レンタル」と「サブスクリプション」の違い

「リース」「レンタル」はお金を払って物を借りること、「サブスクリプション」はお金を払って一定期間サービスを利用する権利を得ることを指します。

サブスクリプションは返却の概念がないサービスや途中で借りるものが変更できるサービスも対象になります。

期間はリースが最も長く、サブスクリプションはレンタルよりも長いケースがほとんどです。

リースは業務用/法人に向けたサービスが多く、レンタルとサブスクリプションは個人に向けたサービスが多くなっていると言えます。

まとめ

「リース」「レンタル」「サブスクリプション」は買わずに契約した期間にものを使えるという点で共通しており、契約期間と税金などでリースとレンタルが分かれ、一つの契約で一つのものを借りるレンタルやリースと異なり、サブスクリプションは音楽聴き放題などサービス利用そのものを貸し出す仕組みになっているものもあります。