スポンサーリンク

「買いかぶりすぎ」の英語とは?例文も含め、日本語の意味や英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「買いかぶりすぎ」の英語とは?日本語と英語

自分のことを高く評価してくれる人に対して、「買いかぶりすぎ」と言ったことはありますか。

日本人は照れてしまい、他人を褒めることを恥ずかしく感じてしまいがちですが、外国人は大袈裟なぐらい称賛してくれます。

ありがとうと感謝しつつ、「買いかぶりすぎ」と謙遜する英語を知っておきましょう。

スポンサーリンク

「買いかぶりすぎ」の日本語での解釈

「買いかぶる」には、二つの意味があります。

一つ目は、物を実際の価値より高い値段で買うこと、二つ目は、人を実際以上に高く評価することです。

もともとは一つ目の意味として知られていましたが、明治時代から二つ目の意味として使われるようになりました。

「買いかぶり」「すぎ」を付けることによって、度を超していることを表現できます。

自分を謙遜するときだけでなく、相手の能力を高く評価しすぎていたときにも使用できます。

「買いかぶりすぎ」の英語とは?

「買いかぶりすぎ」を意味する英語を三つ紹介します。

ここでは二つ目の意味である、実際以上に高く評価することを表した英語について解説します。

overestimate

過大評価するという意味です。

過大評価という名詞にもなります。

超えるという意味のover、評価するという意味のestimateを組み合わせています。

give O too much credit

O には買いかぶられている人や物を入れられます。

creditには信用という意味があります。

too much であまりにも多いことを表します。

overrate

過大評価するという意味になります。

overestimate と同じで、over と評価するという意味のrate を繋げています。

名詞の意味はなく、動詞だけで使います。

「買いかぶりすぎ」を使った英語の例文(使用例)

・『I overestimated his ability. He doesn’t follow the deadline. 』
私は彼の能力を買いかぶりすぎました。

彼は締め切りを守りません。

信頼していた人に対してがっかりしたときに使えます。

・『Thanks, but you give me too much credit. 』
ありがとう、しかしあなたは私を買いかぶりすぎています。

褒められて謙遜するときに使いましょう。

・『I overrated this robot vacuum. This didn’t clean here at all. 』
私はこのロボット掃除機を買いかぶりすぎました。

これはここを全然掃除していませんでした。

物に対しても使えます。

便利な物があると、ついつい買いかぶってしまうことも多いでしょう。

まとめ

「買いかぶりすぎ」の英語を知っていれば、思っていた以上に人や物ができていなかったときに使えます。

また、外国人の同僚や上司に褒められたとき、ありがとう以外の咄嗟の一言が言えます。

しかし、謙虚になりすぎると気を悪くする人もいるので気を付けましょう。