スポンサーリンク

「路頭に迷う」の英語とは?例文も含め、日本語や英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「路頭に迷う」の英語とは?日本語と英語

「路頭に迷う」の日本語は、英語でどのように表現できるのでしょうか?
日本語の「路頭に迷う」の意味や英語の例文も合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

「路頭に迷う」の日本語での解釈

「路頭に迷う」とは、「経済的に生活する手段を失って非常に困ること」を意味している慣用句です。

「路頭に迷う」の日本語は、「まともな生活をするために必要な仕事や家を無くしてしまって、途方に暮れること」といった意味合いを持っています。

「路頭に迷う」というのは、「経済的にとても苦しい状態に陥ったり、住む家を失ったりして困窮すること」を示唆しています。

「路頭に迷う」の英語とは?

「路頭に迷う」という日本語の慣用句を、英語を使って表現するとどのような言い方になるのでしょうか?
「路頭に迷う」の英語による表現方法を紹介していきます。

「be turned adrift」

「be turned adrift(in the streets)」という英語のイディオムは、「路上に追い出されて困り果てること」を意味しています。

そのことから、「経済的生活に困窮すること」を示す「路頭に迷う」を意味しているのです。

「lose one’s means of livelihood」

「lose one’s means of livelihood」というのは、「生活していくための手段を喪失すること」を意味している英文です。

「路頭に迷う」という日本語は、よりシンプルに「be lost」でも表現することができます。

「be down and out」

「be down and out」の英語のイディオムは、「(道から落ちたり外れたりして)最悪の状態になること・落ちて生活に困り果てること」を意味しています。

「路頭に迷う」という慣用句の表現は、「be rendered homeless」(ホームレスの状態に追い込まれる)や「wander around the street」(通りをうろうろ歩き回る)といった英語でも表すことが可能です。

「路頭に迷う」を使った英語の例文(使用例)

・『I was turned adrift in the streets because I was unemployed. 』
(私は失業したため、路頭に迷うことになりました。)

・『She was made to pay off my parents’ debts, then lost her means of livelihood. 』
(彼女は親の借金の返済をさせられて、生活のための手段を失いました。)

・『My father was rendered homeless because he failed in business. 』
(私の父はビジネスに失敗したせいで、路頭に迷ってホームレスに転落しました。)

まとめ

「路頭に迷う」という言葉の意味と英語での表現・例文を紹介してきましたが、いかがでしたか?
「路頭に迷う」は、「be lost」「be turned adrift」の英語で表現できます。

「路頭に迷う」を英語でどのようにして表現できるのかを知りたいときには、この記事の解説を確認してみてください。