スポンサーリンク

「猛烈な雨」の英語とは?例文も含め、日本語や英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「猛烈な雨」の英語とは?日本語と英語

何か言語を習得するときに必ず天気についても単語や表現を覚えると思います。

しかし、意外と天気関連の表現は様々な方法があり、難しいのではないでしょうか。

そんな表現の一つ『猛烈な雨』について今回はご説明したいと思います。

スポンサーリンク

「猛烈な雨」の日本語での解釈

ただの雨ではなく、まるでバケツをひっくり返したかのようなとてつもない雨。

これを『猛烈な雨』と表現します。

いわゆる『豪雨』で、その他には『土砂降り』などが類義語としてあります。

あまりにも猛烈だと、災害にまで発展してしまうこともある我々にとってうれしくない天気の表現になります。

「猛烈な雨」の英語とは

雨は地球上どこにでも振りますので、当然この様な表現も存在しています。

『Singin’ in the Rain』(雨に歌えば)なんて有名な映画もありますが、猛烈な雨の中ではそれもできません。

そんな歌う気も無くす様な状況を表す表現を大きく2つご紹介します。

『Heavy rain』と『Torrential rain』

一番使われる表現で、日常会話でも頻繁に耳にするのが『Heavy rain』です。

強く叩きつける様な勢いが『重い』ので『Heavy』が使われています。

もう一つの『Torrential rain』はもう少し厳密で、イメージは『激しさ』やまさに今回のお題である『猛烈さ』を直接的に表している形容詞です。

よって『Heavy』と比べて『Torrential』の方が厳密で、『猛烈な雨』という印象を与えることができます。

一般的な会話の中では『Heavy』でも実は全く問題はありません。

『Downpour』と『Cloudburst』

『Downpour』も頻繁に日常会話で使用する単語です。

この単語は『土砂降り』を表し、雨が上から注がれる様に落ちてくるというニュアンスで『猛烈な雨』ということができます。

もう一つ目の『Cloudburst』はなかなか英語らしい細かい表現で、『突然の猛烈な雨』のことを指すとても細かい単語です。

この単語を聞けばいきなり猛烈な雨に遭遇したという意味をはっきりと聞き手に与えることができる面白い単語ではないでしょうか。

「猛烈な雨」を使った英語の例文(使用例)

・『My day is ruined due to this heavy rain, ugh. 』(この猛烈な雨の所為で、今日は台無し、あーあ。『Ruin』は『破壊する』という意味ですが、この様に滅茶苦茶や台無しという表現にも応用できます。)
・『I was caught in a big downpour yesterday night. 』 (昨夜、私は猛烈な雨にあってしまった。『Downpour』は通常、冠詞の『A』を付けて表現します。)
・『My son’s baseball game was cancelled because of a cloudburst. 』(突然の猛烈な雨で息子の野球の試合はキャンセルされた。『Cloudburst』も通常、冠詞の『A』を付けて表現します。『A cloudburst pours on us. 』(突然の猛烈な雨が私たちに降ってきた。)の様な感じです。 )

まとめ

如何でしたでしょうか。

以外にも表現するのに少し言葉に迷ってしまうのが『猛烈な雨』でした。

まずは頻出英語の『Heavy rain』と『Downpour』から覚えて頂き、その後に別の表現に進むことをお勧めします。

その他、天気の表現は本当に豊かですので、是非調べてみることをお勧めします。