スポンサーリンク

「万全を期す」の英語とは?例文も含め、日本語や英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「万全を期す」の英語とは?日本語と英語

「万全を期す」は、「抜かりがないように完璧な状態にしておくこと」を指す言葉です。

英語にも同じような意味の表現がありますので、この機会に学習しましょう。

この記事では、「万全を期す」の日本語での解釈や英語での表現を解説していきます。

スポンサーリンク

「万全を期す」の日本語での解釈

「万全を期す」は、「完璧」「欠点がない」を示す「万全」「図る」「約束する」を示す「期す」から成るフレーズで、「手抜かりがないよう綿密に対策しておくこと」「パーフェクトな状態にすること」を意味します。

「ミスがないよう万全を期す」「体調を崩さないよう万全を期す」といった使い方をされています。

「万全を期す」の英語とは?

“leave nothing to chance”
「万全を期す」と同じような意味で使用できる英語は“leave nothing to chance”です。

直訳すると「何事も運任せにしない」という意味がありますが、「ミスがないよう万全に備える」というニュアンスがあることから「万全を期す」に近い意味合いで用いることが可能です。

“take every precaution”
“take every precaution”「万全を期す」と同等の意味で使える英語です。

“precaution”「用心」「予防」を表す単語であり、“take every precaution”「あらゆる予防策を講じる」「用心に用心を重ねる」といった意味の表現になります。

「万全を期す」が持つ「抜かりがないように徹底的に対策する」というニュアンスが伝わる英語といえるでしょう。

「万全を期す」を使った英語の例文(使用例)

次に、「万全を期す」と似た意味を持つ“leave nothing to chance”“take every precaution”の例文を紹介します。

“He is a cautious person and he leaves nothing to chance.”
(「彼は慎重な人物で何事に対しても万全を期す」という内容の例文です。“a cautious person”「慎重な人」という意味になります。)

“They practiced hard and left nothing to chance for the match.”
(「彼らはその試合のために厳しい練習をこなして万全を期した」を表す例文です。過去形にしたい際は“leave”“left”と表記します。)

“We have to take every precaution against accidents.”
(「我々は事故に備えて万全を期さなければならない」といった内容の例文です。“take every precaution against”「~に対してあらゆる予防措置をとる」という意味になります。)

“My grandmother always takes every precaution to stay healthy.”
(「祖母は健康をキープするためにいつも万全を期している」を示す例文です。“stay healthy”「健康を保つ」という表現になります。)

まとめ

「万全を期す」はやや格式ばった言葉ですが、「抜かりなく完璧に準備する」という意味にフォーカスすると“leave nothing to chance”“take every precaution”といった英語で言い換えることが可能です。

ぜひ参考にして英語学習や英会話に役立ててください。