スポンサーリンク

「foreign」と「abroad」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「foreign」と「abroad」の違い英語

この記事では、「foreign」「abroad」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「foreign」とは?

“foreign”の意味は以下の通りです。

1つ目は「外国の」「外国人の」という意味で、海外の製品や海外から来た人のことを言います。

2つ目は「対外的な」という意味で、海外との対応のことを言います。

3つ目は「外国の法律による」という意味で、州や国による法律が違うことを言います。

4つ目は「見慣れない」「なじみのない」という意味で、今まで経験したことのない様子を言います。

5つ目は「異質の」という意味で、外部から侵入した違うもののことを言います。

上記に共通するのは「外側から入ってくる」という意味です。

「foreign」の使い方

“foreign”「外国の」「外国人の」「対外的な」「外国の法律による」「見慣れない」「異質の」などの意味で使われます。

形容詞として使われ、「外国人」という名詞は人を表す「-er」を付けて“foreigner”になります。

基本的に、外国のものや異質なものなど、自分とは異なるものに対して使われる言葉です。

「abroad」とは?

“abroad”の意味は以下の通りです。

1つ目は「外国に」「海外に」という意味で、外国に向かうことを言います。

2つ目は「広く」「知れわたって」という意味で、噂や思っていることなどが広まることを言います。

3つ目は「戸外で」「野外で」という意味で、外に出ている状態を言います。

4つ目は「見当違いで」「間違って」という意味で、的外れな様子を言います。

上記に共通するのは「外に向かっている」という意味です。

「abroad」の使い方

“abroad”「外国に」「海外に」「広く」「知れわたって」「戸外で」「見当違いで」などの意味で使われます。

副詞として使われ、「外国に」という意味があるので、「外国行く」という場合は“go abroad”で良く、「to」はいりません。

基本的に、外国や屋外など、今いる地点よりも外に向かう時に使われる言葉です。

「foreign」と「abroad」の違い

“foreign”「外国の」「異質なもの」という意味です。

“abroad”「外国に」「外に向かって」という意味です。

「foreign」の例文

・『I want to speak a foreign language. 』(外国語を話せる様になりたい)
・『I am studying about a culture of foreign country. 』(私は海外の文化について勉強している)
・『He has a big foreign car. 』(彼は大型の外国車を持っている)

「abroad」の例文

・『I want to go abroad. 』(外国に行きたい)
・『The gossip got abroad. 』(噂が広まった)
・『He was sent abroad. 』(彼は海外に派遣された)

まとめ

今回は“foreign”“abroad”について紹介しました。

“foreign”「外国の」「異質なもの」“abroad”「外国に」「外に向かって」と覚えておきましょう。

英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典