「押し目買い」と「戻り売り」の英語の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「押し目買い」と「戻り売り」の英語の違い英語

この記事では、「押し目買い」「戻り売り」の英語の違いを分かりやすく説明していきます。

「押し目買い」の英語

最初に「押し目買い」の英語から見ていきましょう。

「押し目買い」を英語にすると、「Buy a bargain」となります。

「Buy a bargain」は、「安く買う」「破格の価格で手に入れる」などを指しております。

基本的に株取引で使われることが、多い英語です。

「押し目買い」の英語の使い方

次は「押し目買い」の英語の使い方を取り上げます。

「押し目買い」は英語で「Buy a bargain」となり、「破格の価格で手に入れる」「安く手に入れる」などを指すときに使います。

「Buy a bargain」の使い方
「I bought a bargain at the timing」(タイミングを見て押し目買いをした)

「戻り売り」の英語

ここでは「戻り売り」の英語を取り上げていきます。

「戻り売り」を英語にしますと、「Return sale」となります。

「Return sale」とは、「戻り売り」の他に、「委託販売」を指したり、「残っているものなどを引き取ることを前提で~」などを指しております。

この単語も基本的に、株取引などで使われます。

「戻り売り」の英語の使い方

この項目では「戻り売り」の英語の使い方を見ていきましょう。

「戻り売り」は英語で「Return sale」となり、「委託販売」「残品の引き取りが条件で~」などを指すときなどに使われます。

「Return sale」の使い方
「I was able to make a profit by selling back」(戻り売りをして利益を出せました)

「押し目買い」と「戻り売り」の英語の違い

「押し目買い」「戻り売り」の英語の違いを、分かりやすく解説します。

「押し目買い」は英語で、「buy at a bargain」となります。

「安く購入する」ことや「安い値で手に入れる」ことです。

「戻り売り」の場合は、「on sale or return」です。

「委託」「引き取りなどを条件にすること」を指す英語になっております。

「押し目買い」の例文(英語)

ここでは「押し目買い」の英語の例文を書いていきます。

・『I tried to buy a bargain for the first time as an investor』(投資家になって初めて押し目買いをしてみました)
・『I feel that it is necessary to be careful when buying a bargain. 』(押し目買いは慎重にする必要があると感じております)

それぞれの文法に沿って例文を書いています。

「戻り売り」の例文(英語)

最後に「戻り売り」の英語の例文を書きます。

・『The stock price is back, so I’m thinking of selling it back. 』(株価が戻ってきたので、戻り売りを考えています)

・『I sold it back yesterday』(昨日、戻り売りをしました) 文法に沿っております。

まとめ

まとめとして、「押し目買い」を英語にすると「buy at a bargain」です。

「戻り売り」の場合は、「on sale or return」となります。