「教員」と「教授」の英語の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「教員」と「教授」の英語の違い英語

この記事では、「教員」「教授」の英語の違いを分かりやすく説明していきます。

「教員」の英語の意味から取り上げます。

「教員」の英語

最初に「教員」の英語から見ていきましょう。

「教員」を英語にすると、「teacher」となります。

「teacher」「教員」の他に、「先生」「教師」を指しております。

「教員」の英語の使い方

次は「教員」の英語の使い方を取り上げます。

「教員」は英語で「teacher」です。

「teacher」「教員」以外に、「教師」「先生」を表すときに使います。

「teacher」の使い方
「Working as a teacher in the Air Corps」(航空隊で教員として勤務している)

「教授」の英語

ここでは「教授」の英語を取り上げていきます。

「教授」を英語にしますと、「professor」です。

「professor」「教授」の他に、「先生」を指しております。

アメリカでは大学の先生を指しており、イギリスにおいては大学で階級が最高の先生に使われます。

「教授」の英語の使い方

この項目では「教授」の英語の使い方を見ていきましょう。

「professor」「教授」以外に、「先生」などを表すときに使われます。

「professor」の使い方
「I became a university professor」(私は大学教授となりました)

「教員」と「教授」の英語の違い

「教員」「教授」の英語の違いを、分かりやすく解説します。

「教員」「teacher」となり、「先生」「教師」を指すときに使います。

「教授」の場合は、「professor」です。

「先生」や、アメリカでは大学の先生、イギリスでは最高位の先生を指しているのです。

「教員」の例文(英語)

ここでは「教員」の英語の例文を書いていきます。

・『It is also a good military duty to educate young people as teachers. 』(教員として若いものを教育するのも立派な軍人の務めだ)
・『English teachers were popular』(英語の先生は人気がありました)

「教授」の例文(英語)

最後に「教授」の英語の例文を書きます。

・『Also active as a recommended professor at a university hospital』(大学病院で推奨教授としても活動している)
・『The professor who is loved by everyone has passed away』(皆から慕われている教授が亡くなってしまいました)

まとめ

まとめとして、「教員」を英語にすると「teacher」です。

「teacher」「教員」の他には、「先生」「教師」を指しております。

「教授」の場合、「professor」となり、「先生」を表したり、アメリカでは大学の先生を指します。

尚、イギリスでは位が最高の先生を指しているのです。