「career」と「job」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「career」と「job」の違い英語

この記事では、「career」「job」の違いを分かりやすく説明していきます。

「career」とは?

「career」の意味は以下の通りです。

1つ目は「職業」「仕事」という意味で、専門的な知識と経験を伴う仕事のことを言います。

2つ目は「出世」「成功」という意味で、職業で昇進したり成果を上げることを言います。

3つ目は「経歴」「履歴」という意味で、ある職業における活動期間や内容のことを言います。

4つ目は「成り行き」「経過」という意味で、ものごとが進展していく様子を言います。

上記に共通するのは「生涯を通してする職業」という意味です。

「career」の使い方

「career」「職業」「仕事」「出世」「経歴」「履歴」「成り行き」などの意味で使われます。

名詞として使われ、形容詞として「生え抜きの」「専門的な」「職業的な」などの意味で使われ、「キャリアウーマン」など日本語にもなっています。

基本的に、生涯を通して続ける、専門性の高い職業や経歴に対して使われる言葉です。

「job」とは?

「job」の意味は数多くありますが、主なものは以下の通りです。

1つ目は「仕事」「職」という意味で、定期的に賃金が支払われる働き口のことを言います。

2つ目は「作業」「努め」という意味で、やるべきと与えられた役割のことを言います。

3つ目は「困難な作業」という意味で、骨の折れる役割のことを言います。

4つ目は「義務」「責務」という意味で、職務上負うべき責任のことを言います。

5つ目は「事件」「事態」という意味で、あるものごとを総体的に表します。

上記に共通するのは「代価や責任が発生する仕事」という意味です。

「job」の使い方

「job」「仕事」「職」「作業」「困難な作業」「義務」「事件」などの意味で使われます。

名詞として使われたり、自動詞・他動詞として「手間仕事する」「仲買する」「下請けに出す」などの意味で使われます。

基本的に、賃金をもらってする、責任が発生する仕事に対して使われる言葉です。

「career」と「job」の違い

「career」「生涯を通して続ける、専門性の高い職業や経歴」という意味です。

「job」「賃金をもらってする、責任が発生する仕事」という意味です。

「career」の例文

・『She made a career change. 』(彼女は転職した)
・『He started his career as a sales. 』(彼は営業マンとして仕事を始めた)
・『He lied about his career. 』(彼は経歴詐称した)

「job」の例文

・『I have a permanent job. 』(正規雇用の仕事をしている)
・『I am looking for a job. 』(仕事を探しています)
・『I quit a job. 』(私は仕事を辞めた)

まとめ

今回は「career」「job」について紹介しました。

「career」「専門性の高い職業や経歴」「job」「賃金を貰う仕事」と覚えておきましょう。