「harassment」と「abuse」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「harassment」と「abuse」の違い英語

この記事では、「harassment」「abuse」の違いを分かりやすく説明していきます。

「harassment」とは?

「harassment」の意味は以下の通りです。

1つ目は「悩ませること」という意味で、敵や相手を攻撃して困らせることを言います。

2つ目は「嫌がらせ」「迷惑」という意味で、わざと人がいやがるようなことをしたり言ったりすることを言います。

上記に共通するのは「相手が嫌がることをする」という意味です。

「harassment」の使い方

「harassment」「悩ませること」「嫌がらせ」「迷惑」などの意味で使われます。

名詞として使われ、「セクハラ」「モラハラ」「パワハラ」など、日本語化し手社会問題になっています。

基本的に、わざと相手が嫌がる言動をして、苦痛を与えたり不利益にすることに使われる言葉です。

「abuse」とは?

「abuse」の意味は以下の通りです。

1つ目は「悪用する」「乱用する」という意味で、権力や地位などを悪い方向へ利用することを言います。

2つ目は「つけ込む」「裏切る」という意味で、人からの信用されているのをいいことにうまく利用することを言います。

3つ目は「虐待する」「乱暴する」という意味で、弱いものを常習的にいじめることを言います。

4つ目は「罵倒する」「侮辱する」という意味で、人を悪い言葉でののしることを言います。

上記に共通するのは「人に酷い仕打ちをする」という意味です。

「abuse」の使い方

「abuse」「悪用する」「乱用する」「つけ込む」「虐待する」「乱暴する」「罵倒する」などの意味で使われます。

他動詞として使われたり、名詞として「悪用」「乱用」「悪口」「罵倒」「虐待」「酷使」などの意味で使われます。

基本的に、相手に対して暴力や暴言など、過激な行為をする時に使われる言葉です。

「harassment」と「abuse」の違い

「harassment」「わざと相手が嫌がる言動をして、苦痛を与えたり不利益にすること」という意味です。

「abuse」「相手に対して暴力や暴言など、過激な行為をすること」という意味です。

「harassment」の例文

・『It’s just a case of sexual harassment. 』(これは正にセクハラ事例だ)
・『I was caused harassment by him. 』(私は彼に嫌がらせされた)
・『Any harassment is never be allowed. 』(どの様な嫌がらせも決して許されない)

「abuse」の例文

・『My boss abused her authority. 』(私の上司は職権乱用した)
・『He was punished for child abuse. 』(彼は児童虐待で罰せられた)
・『She yelled out abuse on me. 』(彼女は大声で私を罵倒した)

まとめ

今回は「harassment」「abuse」について紹介しました。

「harassment」「嫌がらせ」「abuse」「虐待」と覚えておきましょう。