「bite」と「gnaw」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「bite」と「gnaw」の違い英語

この記事では、「bite」「gnaw」の違いを分かりやすく説明していきます。

「bite」とは?

“bite”の主な意味は5つあります。

1つめは、噛む、噛みつくです。

犬が怒っているときに人間が手を差し出すと、がぶっとやられることがあります。

これが噛むです。

食べものを口に含んで口をもぐもぐさせる噛むではなく、食いつくという意味の噛むになります。

2つめは、刺さるように痛いです。

寒さが厳しいとき、外に出ると寒さが肌を指すように感じることがあります。

あまりにも寒いと痛みさえあります。

この状態が、刺さるように痛いが意味するものです。

コショウなどが舌を刺激してピリピリするという意味にもなります。

3つめは、物をしっかり固定する、歯車がかむです。

“bite”が意味する物をしっかり固定するとは、締め付けて固定することです。

歯車がかむとは、歯車同士がぴったりあうことをいいます。

4つめは、人をひっかけるです。

だますという意味になります。

5つめは、などや問題が解けないと降参するです。

あまりにも難しいなぞや問題だと解けないことがあります。

降参とは、負けを認めることです。

なぞや問題に負ける、それらを出した人に負けるといった意味になります。

「bite」の使い方

もともとの意味は噛むです。

歯を立てて傷つけるような行為を指しています。

噛まれると痛いです。

このことから寒さなどが肌に刺さって痛いという意味でも使われます。

また、歯車が噛むという意味にもなります。

こういったことに使う言葉です。

「gnaw」とは?

“gnaw”の主な意味は4つあります。

1つめは、ガリガリかじる、かじりとるです。

かじるには、固いものを歯でかみとるという意味があります。

たとえば、犬が骨をかじる、ナッツをかじるなどです。

ガリガリという音からは、固いものを噛んでいる様子が伝わってきます。

2つめは、かじって作るです。

ネズミが壁をかじると穴をあけてしまうことがあります。

こういった、かじって穴をあけることなどを意味しています。

3つめは、浸食する、腐食するです。

流水や雨水などは、ときに土地を削り取ってしまうことがあります。

これが浸食です。

金属が水や酸などと反応をすると、化学反応によって性質がかわったり、消耗したりしてきます。

これが腐食です。

4つめは、心労や病気などが人の心を悩ますです。

「gnaw」の使い方

かじるという意味では、固いものをガリガリ噛むことに使用をします。

固いものが壁などだと、穴があくことがあります。

かじって穴をあけるという意味でも使用される言葉です。

かじったものは削られていきます。

そういったことから、浸食する、腐食するという意味にもなります。

「bite」と「gnaw」の違い

噛むという意味が同じですが、噛む様子が違います。

“bite”は、かみつくという意味の噛むです。

“gnaw”は、ガリガリかじるという意味の噛むです。

まとめ

2つの言葉は噛むという意味が似ていますが、噛む様子に違いがあります。