「営業利益」と「営業外収益」の英語の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「営業利益」と「営業外収益」の英語の違い英語

この記事では、「営業利益」「営業外収益」の違い(difference)を分かりやすく説明していきます。

「営業利益」の英語

「営業利益」を英語にすると、“Operating income”となります。

“Operating income”「営業利益」の他に、「営業所得」「営業収入」を指しております。

これらは営業活動によって得られる、収益や営業費用などの差額を表す英語になります。

「営業利益」の英語の使い方

次は「営業利益」の英語の使い方について解説していきます。

「営業利益」は英語で“operating income”となり、「営業収益」「営業収入」などを表すときに、使うことが一般的です。

それでは使い方を見てみましょう。

「Operating income for this term was quite good」(今期の営業利益はかなり良かった)

「営業外収益」の英語

「営業外収益」を英語にしてみますと、“nonoperating income”です。

「nonoperating income」「営業外収益」や、「営業外収入」「営業外所得」を指しております。

これは単純に営業活動以外で生じた、収益を指しているのです。

「営業外収益」の英語の使い方

ここでは「営業外収益」の英語の使い方を取り上げます。

「営業外収益」“nonoperating income”となり、「営業外収入」「営業外所得」などを指すときに使います。

使い方を書きます。

「I want to donate non-operating income to disadvantaged people」(営業外収益を恵まれない人たちに寄付したいと思っている)

「営業利益」と「営業外収益」の英語の違い

この項目において「営業利益」「営業外収益」の英語の違いを解説していきます。

「営業利益」は英語で“operating income”となり、「営業収入」「営業所得」を指します。

意味としては、営業によって得た利益を指しているのです。

「営業外収益」“nonoperating income”です。

「営業外所得」「営業外収入」を指しております。

これは営業意外で生じた収益を表しています。

「営業利益」の例文(英語)

それでは「営業利益」の英語例文を書いていきます。

解説付きです。

・『I’m thinking about various things to increase operating income』(営業利益を上げるために色々考えている)
・『Operating income was the lowest ever』(営業利益が過去最低だった)

「営業外収益」の例文(英語)

ここでも「営業外収益」の英語例文を書きます。

解説もあります。

・『Non-operating income was 5 million yen』(営業外収益が500万円だった)
・『A salesperson who raises non-operating income may have a good sense of work. 』(営業外収益が上がる営業マンは仕事に対してのセンスがいいのだろう)

まとめ

まとめとして「営業利益」とは、“operating income”となります。

「営業収入」「営業所得」を指します。

「営業外収益」の場合は、“nonoperating income”となり、「営業外所得」「営業外収入」を指しているのです。