スポンサーリンク

「excuse」と「forgive」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「excuse」と「forgive」の違い英語
スポンサーリンク

この記事では、“excuse”“forgive”の違い(difference)や使い方を分かりやすく説明していきます。

早速“excuse”の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「excuse」とは?

最初に“excuse”の意味をご説明致します。

“excuse”とは、「許す」「勘弁する」「言い訳をする」「弁明する」「免除する」などを指しております。

「forgive」とは?

次に“forgive”の意味を解説していきます。

“forgive”の場合は、上記と同様に「許す」という意味があります。

また、「無かったことにする~」「大目にみる」を表しております。

基本的にこちらの方が、堅かったり、命令形になる場合もあります。

「excuse」と「forgive」の違いとは?

ここでは“excuse”“forgive”の違いを取り上げてみましょう。

“excuse”とは、「許す」「言い訳をしてみる」「弁明」「免除」を指しております。

一方で、“forgive”「大目に見てみる」「無かったことにする~」という表現することが可能です。

前者は公文書などで見られる表現に多く、後者は表し方が、それ以上に堅くて場合によっては、命令形にもなります。

「excuse」を使った例文

ここでは“excuse”を使った例文を書いていきます。

・『There is no point in making excuses』(言い訳をしたところで、意味がない)
・『You need some proof to make an excuse. 』(弁明するには、それなりの証拠が必要になってくるのだ)
・『I found the excuses very unsightly』(言い訳が非常に、見苦しいと感じてしまいました)
・『I’m grateful that everyone made an excuse for me』(皆が僕のために弁明してくれたので、感謝しています)
・『Let’s exempt this case. Please be careful from the next time』(今回の件は免除しよう。次からは気を付けてくれ)
文法的に、「exempt」を使いました。

「forgive」を使った例文

最後の項目においては、“forgive”を使った例文を書きます。

・『He is remorseful, so forgive him for his youthfulness』(彼は反省しているので、若気の至りをということで、許しなさい)
・『I want you to remember to forgive』(許すことも覚えてほしい)
・『This time I decided to forgive』(今回は大目にみることにした)
・『I can’t forgive you』(絶対に許せない)
・『Forgive me』(許してあげなさい)

まとめ

まとめとして“excuse”とは、「言い訳をする~」「弁明」「免除」「許す」を指します。

“forgive”の方も、「許す」を表現できます。

また、「大目にみる」「許しなさい」などを、指すこともできるのです。

英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典