「insufficient」と「not enough」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「insufficient」と「not enough」の違い英語

この記事では、“insufficient”“not enough”の違いを分かりやすく説明していきます。

「insufficient」とは?

“insufficient”には2つの意味があります。

1つめは、~するには不足しているです。

何かをするには材料が必要です。

たとえば、料理をするには肉・魚・野菜などの材料が必要だし、認知用大工をするには木材や釘などの材料が必要です。

こういった材料が足りないことを、~するには不足しているといいます。

もう一つの意味は、~する力量が不足しているです。

何かをするには、それを成し遂げるための力が必要です。

たとえば、料理をするには料理の知識が必要だし、それなりの能力も必要とされます。

日曜大工をするには、体力が必要です。

こういった、何かをする力が足りないことを、~する力量が不足しているといいます。

「insufficient」の使い方

“insufficient”は形容詞です。

足りていないという意味で使用をします。

“insufficient”が指す足りていないとは、物質が十分でないこと、能力が十分でないことです。

「not enough」とは?

“not enough”には、十分でないという意味があります。

“enough”は十分という意味を持つ語です。

「十分」には程度があります。

まず、あまりほど十分という意味があります。

必要よりも多いということです。

たとえば、10人を自宅に招いて食事をしたとします。

この10人が満足するほど食事があり、それでもまだ余るような状態が、ありあまるほど十分が意味するものです。

十分は、必要なだけはあるということも指しています。

必要を満たし、それよりも多いことではありません。

必要を満たすだけに、何とか足りるといった意味です。

もうたくさんだ、という意味で十分を使うこともあります。

「苦労はもう十分だ」といったようなものです。

“not enough”が意味する「十分」とは、あまりほどに十分のことです。

“not”で否定しているので、あまるほど十分にはないという意味になります。

「not enough」の使い方

足りていない、必要を満たしていないという意味で使用をします。

“not nearly enough”“not”“enough”の間に“nearly”を入れると、全然足りないという意味になります。

「insufficient」と「not enough」の違い

足りていないという意味を持つ2つの言葉ですが、「足りない」の意味合いに違いがあります。

“insufficient”は、何かをするのに足りていないことです。

材料や能力などが不足していることをいいます。

“not enough”は、満足するほどではないという意味です。

まとめ

不足という意味が似ている2つの言葉ですが、一方は~するのに不足していること、もう一方は満足でないことで、意味合いが異なります。