「cross」と「intersect」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「cross」と「intersect」の違い英語

この記事では、“cross”“intersect”の違いを分かりやすく説明していきます。

「cross」とは?

“cross”の意味は以下の通りです。

1つ目は「~を交差させる」「組む」という意味で、互い違いに重なる様にすることを言います。

2つ目は「横切る」という意味で、道を横に渡ることを言います。

3つ目は「~に反対する」という意味で、ある物を邪魔することを言います。

4つ目は「十字を切る」という意味で、十字架の形になぞらえることを言います。

5つ目は「~とすれ違う」という意味で、人と行き違えることを言います。

上記に共通するのは「お互いが交差して横切る」という意味です。

「cross」の使い方

“cross”「~を交差させる」「横切る」「~に反対する」「十字を切る」「~とすれ違う」などの意味で使われます。

自動詞・他動詞として使われたり、名詞として「十字架」「受難」「試練」「横切ること」「交配」などと使われたり、形容詞として「端から端に渡る」「筋向いの」「交差した」などの意味で使われ、「クロスする」と日本語にもなっています。

基本的に、十字架の様に2つのものが交差して横切る様子に使われる言葉です。

「intersect」とは?

“intersect”の意味は以下の通りです。

1つ目は「~を横切る」という意味で、お互いが向かって行き違う様子を言います。

2つ目は「互いに交わる」という意味で、まっすぐに交差する様子を言います。

上記に共通するのは「複数のものが交差して行き違う」という意味です。

「intersect」の使い方

“intersect”「~を横切る」「互いに交わる」という意味で使われます。

自動詞・他動詞として使われ、名詞形は“intersection”になり、「横切ること」「交差点」などの意味で使われ、「インターセクション」と日本語にもなっています。

基本的に、2つ以上、または複数のものが互いに交差する時に使われる言葉です。

「cross」と「intersect」の違い

“cross”「2つのものが交差して横切ること」という意味です。

“intersect”「2つ、またはそれ以上のものが交差して横切ること」という意味です。

「cross」の例文

・『Be careful when you cross the road. 』(道路を横切る時には注意しなさい)
・『She crossed her legs. 』(彼女は足を組んだ)
・『I am looking for the way to cross this river. 』(この川を渡る方法を探している)

「intersect」の例文

・『This is a point where three lines intersect. 』(ここが3つの線が交わる箇所だ)
・『These roads will be able to intersect. 』(これらの道は交差できるようになるだろう)
・『Here is a place where two roads intersect. 』(ここが2本の道路が交差している場所です)

まとめ

今回は“cross”“intersect”について紹介しました。

“cross”「2つのものが交差する」“intersect”「2つ以上のものが交差する」と覚えておきましょう。