「不敗」と「連敗」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「不敗」と「連敗」の違い状態

この記事では、「不敗」「連敗」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

「不敗」の意味

最初に「不敗」(ふはい)の意味をご説明致します。

「不敗」とは、戦いや試合などで、負けたことがないことです。

「不敗」の使い方

「不敗」を使う際は、戦やスポーツの試合などで、負けたことが皆無なときに使います。

「不敗」の具体的な使い方を書いていきます。

「あの高校は野球の試合に関しては、不敗校として有名だ」

「不敗」を使った例文

・『不敗を誇った連合艦隊だったが、ミッドウェーの戦い、レイテ沖の戦いで壊滅してしまった』
・『我々は不敗の信念を持って戦っている』
・『何事にも不敗というのは、非常に凄いことだ』
・『不敗でもいつか負ける時が来る』
・『今までずっと不敗だった』

「不敗」の類語

「不敗」の類語を取り上げます。

「不敗」の類語は、「連戦連勝」(れんせんれんしょう)や「負け知らず」「無敵」(むてき)です。

意味は、今まで一回も負けたことがないことや、敵を寄せ付けることがないなどです。

「不敗」の対義語

「不敗」の対義語は、「全敗」(ぜんぱい)です。

意味としては、全ての戦いで、完全に相手に負けてしまうことです。

「連敗」の意味

ここでは「連敗」(れんぱい)の意味をご説明致します。

「連敗」は、生じる勝負事に挑むも、ことごとく負けてしまうことです。

「連敗」の使い方

「連敗」を使うときは、勝負をするも、ことごとく全ての戦いに負けてしまったときなどを表現するときに使います。

「あの高校には連敗続きである」
「太平洋戦争末期の日本海軍は、アメリカ海軍に連敗続きであった」

「連敗」を使った例文

・『連敗続きでは士気が下がってしまう』
・『昔はいいライバルだったが、今では自分が連敗している』
・『空戦に連敗してしまう原因としては、ひとえに防御力の違いである』
・『今までは連敗だったが、今度こそは勝ちに行きたい』
・『このところ連敗なので、相手に勝てる方法を模索中です』

「連敗」の類語

「連敗」の類語は、「落ちこぼれ」「最弱」(さいじゃく)、「負けが続いている」です。

意味は、戦っても負け続けている様子や、弱弱しくて甲斐性などが皆無のことです。

「連敗」の対義語

「連敗」の対義語として考えられるのは、「連勝」(れんしょう)や「連戦連勝」(れんせんれんしょう)になります。

意味は、生じる戦いなどに、勝ち抜いて、勝ち続けている様子を意味します。

「不敗」と「連敗」の違い

「不敗」に関しては、対象となる戦いや試合などで、相手と勝負をして、負けたことが一切ないことです。

後者の「連敗」は、戦やスポーツの試合で、相手側に勝ちを許してしまい、こちらがずっと負けてしまっていること意味になります。

違いとしては、前者の場合は、負けたことが一切ない状態を表しているのです。

ところが、後者は、相手に対して、一矢報いることもできずに、負けて続けていることです。

もっと簡単に解説しますと、「不敗」イコール「勝ち続けていること」です。

「連敗」イコール「負け続けていること」になります。

「不敗」と「連敗」の使い方の違い

「不敗」を使う場合は、勝負などで一切、負けたことがないことを意味するときに使います。

「戦争には負けたが、空戦において私は不敗だった」以上が「不敗」の使い方になります。

「連敗」を使うときについては、勝負や戦などで、相手に勝ちを許し、負けつづけているときに使います。

「敵が攻めてくるたびに、出撃するも練度低下もあり、連敗である」これが「連敗」の使い方です。

以上が「不敗」「連敗」の使い方の違いについてでした。

「不敗」と「連敗」の英語表記の違い

最後に「不敗」「連敗」の英語表記の違いを取り上げます。

「不敗」は、英語表記にすると“Undefeated”となります。

例文を用いると、“The undefeated Zero Fighter is a sunny day despite being an enemy”(零戦の不敗ぶりは敵ながら天晴である)という具合で使えます。

もうひとつの例文を書くと、“It seems that the undefeated school is increasing the tension of the students”(不敗校が相手なのが、生徒達の緊張感を高めているようだ)となります。

「連敗」を英語表記にしてみますと、“Consecutive defeats”です。

例文は、“Let’s find out the cause of continuous defeat”(連敗が続いてしまう原因を探ろう) おまけでまた例文を書きますと、“Consecutive defeats are very humiliating”(連敗は非常に屈辱である)です。

以上が「不敗」(Undefeated)と「連敗」(Consecutive defeats)の英語表記の違いになります。

まとめ

まとめとして、「不敗」(Undefeated)の場合は、勝負や試合などで、相手に対して勝ちを許さずに、勝ち続けていることです。

「連敗」(Consecutive defeats)は、戦や勝負事などで、相手に花を持たせてしまいことを許してしまい、尚且つこちらが、ずっと負け続けてしまっていることです。