スポンサーリンク

選挙において用いられる「次点者」と「落選者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「次点者」と「落選者」の違いとは?金融・経済
スポンサーリンク

この記事では、選挙において用いられる「次点者」「落選者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

選挙の「次点者」とは?

「次点者」「じてんしゃ」と読みます。

意味は、「選挙において、当選者の次にあたる得票数であった人のこと」です。

「次点者」の言葉の使い方

「次点者」「次点」ともいい、その時点では落選者に含まれます。

ただし、選挙には「法定得票」という基準があり、「当選に必要な得票数に至っていること」が条件になります。

つまり、選挙の「次点者」「当選に必要な得票数がありながら、更に上回る得票数の候補者がいて、当選に至らない人のこと」になります。

なお、後日当選者が任期中に死亡・辞職した場合、「次点者」が繰り上げ当選になることもあります。

選挙の「落選者」とは?

「落選者」「らくせんしゃ」と読みます。

意味は「選挙で当選ラインとされる得票数に足りず、他の候補者より下位なり、選ばれないこと」です。

「落選者」の言葉の使い方

「落選者」「落選」ともいいます。

「落」「お(ちる)」とも書き「上から下に位置が下がる」から転じて「基準に達しないで外れる」という意味、「選」「えら(ぶ)」とも読み「より分けてえらぶ」という意味、「者」「あることをする人」という意味、選挙の「落選者」「選挙で選ばれる規準に達しないで外れる人」になります。

選挙の「次点者」と「落選者」の違い

「次点者」「当選に必要な得票数がありながら、更に上回る得票数の候補者がいて、当選に至らない人のこと」です。

「落選者」「選挙で選ばれる規準に達しないで外れる人」です。

「次点者」の例文

「次点者」の例文は以下の通りです。

・『開票の結果惜しくも次点者となる』
・『現職議員が次点者となる』
・『次点者が繰り上げ当選となる』

「落選者」の例文

「落選者」の例文は以下の通りです。

・『今回の落選者が次の選挙に出馬する』
・『落選者が挨拶回りする』
・『前年ながら落選者となった人を励ます』

まとめ

今回は選挙において用いられる「次点者」「落選者」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

金融・経済
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典