「surely」と「indeed」の違いとは?分かりやすく解釈

「surely」と「indeed」の違い 英語

この記事では、“surely”“indeed”の違いを分かりやすく説明していきます。

「surely」とは?

“surely”には、3つの意味があります。

1つめは、~なのは確かだです。

信頼できる、正確であるという意味です。

ある事柄に嘘はなく、正確であると断言できます。

このことを「事実であることは確かだ」と表現できます。

間違いなくそうだ、といった意味合いの言葉です。

2つめは、もちろん、いいともです。

AさんがBさんに「買い物につき合ってくれない?」とお願いをしました。

それに対してのBさんはこう答えました。

「もちろん」

差し支えないといった意味になります。

3つめは、しっかりと、着実にです。

危ないところがなく、一歩一歩確かにという意味になります。

あるケーキが販売から10年を迎えます。

10年の間、ファンが急に離れてしまうということはなく、少しずつですがファンを獲得してきました。

このことは、「ファンを着実に獲得してきた」と表現することができます。

「surely」の使い方

~なのは確かだという意味では、文を修飾する形で使用をします。

お願いなどに対して「いいとも」「もちろん」と答えるときには、“surely”だけで使用されることがあります。

これで、お願いを聞き入れることができますよ、といった意味になります。

「indeed」とは?

“indeed”には、4つの意味があります。

1つめは、まったく、確かにです。

間違いがないといった意味や、相手の発言に対して強く肯定または否定する意味があります。

今日は気温が35度を超えました。

Aさんが「今日は本当に暑い日だ」といったことに対して、Bさんは「まったくその通り」と答えました。

これは、相手の発言を強く肯定していることになります。

2つめの意味は、実は、はっきり言えばです。

前の文を修正したり、意味を広げたりする言葉です。

「彼は用心深い人だ、はっきり言えば心配性なのだ」といった使い方をします。

3つめは、まさか、へえ、本当かです。

ある人の発言への驚き、疑い、皮肉を表しています。

4つめは、なるほど、いかにもです。

譲歩をして同意を示すような意味があります。

「indeed」の使い方

1つめの意味の、まったく、確かには、文や語を強調する形で使用をします。

2つめの意味の、実は、はっきり言えばは、前の文を修正したり意味を広げたりするために使用するので、前に文がきます。

“~,indeed~”という使い方です。

「surely」と「indeed」の違い

2つの言葉は、確かにという意味が同じです。

どちらの「確かに」も間違いないといった意味合いを持っています。

しかし、“indeed”“surely”と異なり、真実を強調して使われる点に違いがあります。

また、“surely”は、ある発言に対して「いいとも」という意味で使用することがあり、この点が“indeed”と異なります。

まとめ

確かにという意味は同じ2つの言葉ですが、使われ方に違いがあります。