「somewhat」と「somehow」の違いとは?分かりやすく解釈

「somewhat」と「somehow」の違い 英語

この記事では、“somewhat”“somehow”の違いを分かりやすく説明していきます。

「somewhat」とは?

“somewhat”は微妙な物の数や難易度などを表す言葉で、意味は幾分や多少というような意味で若干難易度が難しいというような表現をする場合使用する言葉です。

多少という点が重要な点でものすごくかけ離れている場合、こちらの言葉は成立しなくなります。

例えばものすごく難易度が難しい場合、“somewhat”では、多少の難しさになりますのでものすごく難しいとすることはできないのです。

「somewhat」の使い方

“somewhat”は、日本語でいう多少という小さな値を示す場合使用する表現法です。

値がものすごく大きかったりあいまいだった場合この表現は使用できなくなります。

「somehow」とは?

“somehow”は、示されるものがあいまいで多少では済まない値を表現する場合使用します。

日本語の意味においては、何故かやなんとなくというようにあいまいな表現をする場合使用する英単語です。

その他、どうにかこうにかなど目標を達成する方法があいまいである場合にも使用することができる英単語です。

「somehow」の使い方

よくわからないがどうにかこうにか目標や理由がはっきりしないものを表現する場合使用するのがこの英単語で意味においては、どうにかこうにかや、何故かの他なんとなくというような意味で済ませる場合に使用します。

「somewhat」と「somehow」の違い

“somewhat”“somehow”の違いは、文章の中の表現を程度が小さくある程度理解できる物事でとらえるかという物と程度が理解できなく位あいまいなものであるかという違いがあります。

例えば、難易度であれば多少なりとも難しいとするのが“somewhat”になりますが、“somehow”に置き換えた場合、多少という表現からよくわからないあいまいな難易度となるため、あいまいであるか多少であるかという違いが両者に生まれるのです。

あいまいさについては、どうにかこうにかなどの他、なんとなくというような感じではっきりしない表現になるため、自分でもよくわからない場合、“somehow”が英語の表現で用いられます。

まとめ

“somewhat”“somehow”の違いは、英単語においてはあいまいさを示す言葉であるかある程度はっきりしていて理解できる物事であるかという違いがあります。

例えば、難易度という問題について両者を用いて表現をした場合、“somewhat”の場合、少し難しいや多少難しいという意味に解釈されますが、これを“somehow”で難易度を問う文章に作り替えた場合、よくわからないが難しいや、なぜか難しい、なんとなく難しいというようなあいまいな表現となり、本来の難しいという言葉がぼやけるのです。

つまり、難しさがぼやけるということは、“somehow”という単語はぼやけさせたいものを自由に選べばあいまいな表現となり何故かという疑問を持つ言葉へと移行することが可能です。