「praise」と「admire」の違いとは?分かりやすく解釈

「praise」と「admire」の違い 英語

この記事では、「praise」「admire」の違いを分かりやすく説明していきます。

「praise」とは?

“praise”褒めるという意味を持つ英単語で褒めたたえるというニュアンスで使用する単語です。

その為、この英単語で表現する褒めるべく存在という物は人格者だったり素晴らしい功績をした人物などに対して褒める場合、この英単語を使用します。

ただ、注意すべく点は、この言葉形だけでして、心から対象となるものを褒めているかどうかは別問題です。

「praise」の使い方

“praise”は人間などでよい功績を残したものや人格者で善い行いをした人物などに対し使用します。

人物以外にも使用できるのがこの単語で例えば、ペットのワンちゃんなどが飼い主から見て喜ばしい行為をした場合、褒めるとするのもこちらを使用して褒めるのです。

この言葉で褒めた場合、対象となるもの自体に重点を置いていますので人間であれば人間の行った行為を追求する形で褒めペットも同様です。

「admire」とは?

“admire”は、褒めるという意味を持つ英単語です。

ただ、この言葉は褒めるべく対象となるものと褒めた人物などにもスポットが当たっているという違いがあります。

そのため、意味合いにおいては、褒めた対象と褒める行為をした自分も気持ちの良い感情を持っているのです。

要は、褒められた人物と褒めた人物両者が良い感情であることがこちらの意味で友達同士で使用する場合、こちらの英単語が望ましいのです。

つまり、善い行いをしたものに共感し、心から褒めたい場合この単語を使用します。

「admire」の使い方

“admire”は、褒める対象と褒めた対象がお互い共感し気持ちが良い場合、用いる表現です。

この表現を用いれば両者ともに褒められた側、褒めた側が気持ちの良い高揚感があると表現できるのでよくありがちななあなあでどっちかが義務的に称賛され気持ちが良いというような内容にならないで済みます。

「praise」と「admire」の違い

“praise”“admire”の違いですが、褒めた際のニュアンスが異なり、“praise”は単に善行を積んだものなどを褒めるにしかすぎず、スポットが当たるのは善行を積んで称賛されるべく人物のみです。

しかし、“admire”は褒められる側と褒める側に焦点が当たっていて、両者ともに共感する部分があるため、どちらかのみが一方的に称賛することやされることで終わらないことです。

つまり、褒められる側と褒める側にもスポットが当たってますので両者ともにすがすがしい気分でいられるという違いがあります。

まとめ

“praise”“admire”の違いは、両者ともに褒めるという行為ですが、スポットの当たり方が違います。

“praise”は、あくまで褒められる側のみにスポットが当たっているため、称賛されるのは褒められる人物などです。

ですが、“admire”であれば、褒める側にもスポットが当たっていますので、褒められる側に共感しており、きちんと褒めたとするのです。

要は、形だけ褒めておけばよいかという場合、“praise”を使用し、共感していないが一応形式的に褒めておこうとし、褒められる側に褒める側が共感し、心から褒めたい場合、“admire”を使用するとよいのです。