「regrettably」と「unfortunately」の違いとは?分かりやすく解釈

「regrettably」と「unfortunately」の違い 英語

この記事では、“regrettably”“unfortunately”の違いを分かりやすく説明していきます。

「regrettably」とは?

“regrettably”には、2つの意味があります。

1つめは、残念ながらです。

残念には、優れた長所を持ちながらもそれを発揮できなかったり、長所を帳消しにしてしまうような短所を持っていたりすること、悔しく思うことという意味があります。

ゴルフツアーのことで考えてみます。

あるゴルファーは、かつてないほどの好スコアを出し、注目されていました。

この活躍を多くの人に実際にその場で見て欲しいところですが、観客はいません。

このことは、「残念ながら無観客」と表現できます。

“regrettably”は、こういった意味の残念ながらです。

もう一つの意味は、程度などが残念なくらい、悲しいくらいです。

くらいは、程度を表す言葉です。

残念なくらいというと、残念な程度を意味しており、悲しいくらいというと悲しい程度を意味していることになります。

筋肉のことで考えてみます。

ある人は普段まったく運動をしていませんでした。

その人が、たまたま長い階段を上ることになりました。

普段運動をしていないので、太ももの筋肉が悲鳴をあげています。

こうして、悲しいくらい筋肉が少ないことを実感したのでした。

“regrettably”はこういった意味の残念なくらい、悲しいくらい、という意味になります。

「regrettably」の使い方

“regrettably”は副詞で文を修飾する形で使用をします。

残念ながら、残念なくらいという意味で修飾する言葉です。

「unfortunately」とは?

“unfortunately”には、残念ながら、不幸にも、あいにくという意味があります。

不幸とは、満ち足りておらず、楽しくないことです。

あいにくには、時期が悪いことにという意味があります。

ある喫茶店は、ケーキも有名ながら美人店員が有名でした。

ケーキも楽しみにしているものの、美人店員を目当てに喫茶店にいってみました。

しかし、このとき美人店員は不在です。

このことは、「あいにく美人店員は不在だった」と表現できます。

“unfortunately”は、残念であることや時期が悪いことを表す言葉です。

「unfortunately」の使い方

“unfortunately”は副詞です。

残念ながら、不幸にも、あいにくという意味で文を修飾するときに使用します。

「regrettably」と「unfortunately」の違い

2つの言葉は、残念ながらという意味は同じです。

“regrettably”は、残念なくらいという意味があり、程度を表すために使われる点が“unfortunately”と違います。

まとめ

どちらの言葉も残念ながらという意味を持っており、この点は同じなのですが、“regrettably”は程度を表すもう一つの意味を持っており、“unfortunately”と違う使い方がされることがあります。