「consider」と「think」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「consider」と「think」の違い英語

この記事では、“consider”“think”の違いを分かりやすく説明していきます。

「consider」とは?

“consider”の意味は以下の通りです。

1つ目は「熟考する」「考慮する」という意味で、大切なことをよく考えることを言います。

2つ目は「考慮に入れる」「斟酌(しんしゃくする)」という意味で、相手に配慮することを言います。

3つ目は「思いやる」「尊重する」という意味で、相手の状況を汲み取ることを言います。

4つ目は「~と見なす」という意味で、ある方向性で考えることを言います。

5つ目は「~という意見である」という意味で、よく考えた結果を表明することを言います。

上記に共通するのは「深くよく考える」という意味です。

「consider」の使い方

“consider”「熟考する」「考慮に入れる」「思いやる」「~と見なす」「~という意見である」という意味で使われます。

自動詞・他動詞として使われ、名詞形は“consideration”で、難しい単語ですが海外ではよく使われます。

基本的に、大切なものごとを深く考えることに対して使われる言葉です。

「think」とは?

“think”には数多くの意味がありますが、主なものは以下の通りです。

1つ目は「考える」「思う」という意味で、頭に考えが浮かぶことを言います。

2つ目は「判断する」「と見なす」という意味で、その様に思うことを言います。

3つ目は「考え出す」という意味で、ゼロから何かを思いつくことを言います。

4つ目は「~と想像する」「推察する」という意味で、主観的にそう思うことを言います。

5つ目は「しようと思う」という意味で、自分で意図することを言います。

上記に共通するのは「日常的に考えること」という意味です。

「think」の使い方

“think”「考える」「判断する」「考え出す」「~と想像する」「しようと思う」という意味で使われます。

自動詞・他動詞として「think/thought/thought」と不規則変化で使われたり、名詞として「考えること」「思案」という意味で使われたりします。

基本的に、日常で頭に思い浮かぶことに対して使われる言葉です。

「consider」と「think」の違い

“consider”「大切なことを深く考えること」という意味です。

“think”「日常的に頭に浮かぶこと」という意味です。

「consider」の例文

・『We should consider her background. 』
(我々は彼女の経験も考慮するべきだ)
・『She does not consider her future. 』
(彼女は自分の将来のことを考慮していない)
・『We consider to cancel of agreement. 』
(我々は契約を解除することも考慮している)

「think」の例文

・『I think this is wrong. 』
(これは間違っていると思う)
・『You should better think again. 』
(君はもう一度考え直した方がいい)
・『I think I will meet her today. 』
(今日は彼女に会えそうだ)

まとめ

今回は“consider”“think”について紹介しました。

“consider”「熟考する」“think”「日常的に考える」と覚えておきましょう。