スポンサーリンク

「布おむつ」と「紙おむつ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「布おむつ」と「紙おむつ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「布おむつ」【ぬのおむつ】と「紙おむつ」【かみおむつ】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「布おむつ」とは?意味

使い捨てではない「布おむつ」【ぬのおむつ】は1回だけではなく、洗えば何度も使えるためこまめに替えられます。

購入するときはお金がかかりますが、丈夫な綿素材であれば1年以上使えるため、地球環境にも貢献するわけです。

また、おむつ替えの機会が増えるので、その度に子供と触れ合う時間も増えます。

肌に優しい綿素材のおむつは、赤ちゃんの柔らかなお尻に長時間当たっても擦れにくいのが利点です。

「紙おむつ」とは?意味

紙でできたおむつを「紙おむつ」【かみおむつ】といいます。

うんちが漏れ出ないようしっかり支えられる構造と素材を採用し、パッド部分にはおしっこをしっかり吸収するので、いつも服が濡れない状態で快適に使えるのが魅力的です。

汚れたらゴミ箱に捨てるだけでよく、また新しいものに交換すれば衛生的に使えます。

おしめの腰部分には左右から貼れるテープが付いているので、赤ちゃんが動いてもずれにくいところが「紙おむつ」の良さです。

「布おむつ」と「紙おむつ」の違い

「布おむつ」「紙おむつ」の違いを、分かりやすく解説します。

何度も洗って使えるのが「布おむつ」の良さであり、再利用できるので環境にも優しいところが魅力です。

「紙おむつ」よりも交換回数が多いだけに、赤ちゃんの健康状態をその都度確かめられるのも良さになります。

もう一方の「紙おむつ」は一回使えば捨てられるようになっているため、おしっこしただけでも蒸れるようであれば、気軽に新しいおむつに交換できる優れものです。

吸水性に優れているため、「布おむつ」よりも大量のおしっこでも簡単には漏れず、しっかり受け止められます。

また、保水性も高いので赤ちゃんが酷く泣いてしまうこともありません。

まとめ

どちらも赤ちゃんが毎日使うものですが、素材や洗濯できるなどの違いがありますので、異なる点を自分なりに見つけてみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典