スポンサーリンク

「予知夢」と「デジャヴ」の違いとは?徹底的に解釈

スポンサーリンク
「予知夢」と「デジャヴ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「予知夢」「デジャヴ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「予知夢」とは?

「予知夢」「よちむ」と読みます。

意味は「将来実際に起きることと、同じ内容を夢に見ること」です。

夢の中で起きたことが、現実に起きることを表します。

夢を見ただけでは本当に起きると証明するものがなく、あくまで本人がそう思っている状態で、実現して初めて「予知夢」になります。

「予知夢」の言葉の使い方

「予知夢」は名詞として「予知夢を見る・見た」と使われることが多くなります。

「予」「あらかじめ」「前もって」という意味、「知」「さとる」「わかる」「対象を心に感じ取る」という意味、「予知夢」「事前にある事柄が起きると感じ取って見る夢」になります。

「デジャヴ」とは?

「デジャヴ」の意味は「過去に経験・体験したことのない事柄にもかかわらず、以前同じ様なことをしたという感覚に包まれること」です。

前にもどこかで同じものを見た気がする、同じ体験をした気がする、と感じることです。

「デジャヴ」の言葉の使い方

「デジャヴ」「デジャブする・した」「デジャブが起きる」などと使われます。

元はフランス語で、日本語で「既視感」と訳され、「既に見たことがある感覚が生じること」という意味です。

夢として見るのではなく、現実の中でその様に感じる時に使われます。

「予知夢」と「デジャヴ」の違い

「予知夢」「事前にある事柄が起きると感じ取って見る夢」です。

「デジャヴ」「初めてにもかかわらず、以前同じ様なことをしたという感覚に包まれること」です。

「予知夢」の例文

「予知夢」の例文は以下の通りです。

・『祖母の予知夢は良く当たる』
・『当たらないと予知夢とは言えな』
・『はっきりと事故の場所や名前を覚えているので予知夢に違いない』

「デジャヴ」の例文

「デジャヴ」の例文は以下の通りです。

・『旅行先でデジャブを感じる』
・『彼との出会いはデジャブの様だった』
・『新作映画でデジャブ感が生じる』

まとめ

今回は「予知夢」「デジャヴ」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典