スポンサーリンク

「輸入」と「輸出」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「輸入」と「輸出」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「輸入」【ゆにゅう】と「輸出」【ゆしゅつ】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「輸入」とは?意味

海外で栽培して収穫した野菜や果物や、工場で作った服、靴といった物を日本が買い入れることを「輸入」【ゆにゅう】といいます。

他国の商品を自国で売買することを指す言葉であり、店や通販サイトなどで販売しています。

資源に乏しい日本では様々な食材を世界各地から買い入れている国であり、このことにより、価格を抑えて安く販売できるのです。

「輸出」とは?意味

日本から商品を他国に出すことを「輸出」【ゆしゅつ】といいます。

国内で生産した服や靴を海外の取引先相手に購入してもらい、大型船に積み込んで海を渡るのです。

日本から「輸出」するものに、海外にはない良質な肉や高級な果物、機能性に優れた電化製品を他国に購入してもらっています。

とくに、性能がいい自動車は大変人気があり、日本の経済に大きく貢献するほどの収益になっているのです。

「輸入」と「輸出」の違い

「輸入」「輸出」の違いを、分かりやすく解説します。

他国から日本に物を買い入れることを「輸入」【ゆにゅう】といいます。

カナダからは脂がのったサーモンを、中東からは安全に石油を買って国内の各地に振り分けるのです。

このように、色々な物をその土地から豊富にとれる資源や食材、服を買い入れて国内で販売します。

もう一方の「輸出」は日本国内で獲れた魚や生産された服、栽培して収穫した果物を外国に売るのが目的で出すわけです。

「輸入」の例文

・『他国に一度輸出した物を再び購入する輸入品もある』
・『公海上で獲った魚を輸入して、食べやすく捌いて販売する』

「輸出」の例文

・『高度な技術で開発したカメラは、海外に輸出される人気商品だ』
・『プラスチックを輸入して機械を作り、他国へ輸出している』

まとめ

正反対の意味がある言葉ですが、どちらも海外と交渉して商品を売買する行為を指します。

自分なりに使い方を工夫して、状況に応じて使い分けてみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典