スポンサーリンク

「油揚げ麺」と「ノンフライ麺」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「油揚げ麺」と「ノンフライ麺」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「油揚げ麺」「ノンフライ麺」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「油揚げ麺」とは?

油揚げ麺は、あぶらあげめんと読むのが正解な言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事でしょうが、あぶらを使ってあげるという意味の油揚げの文字に、小麦粉で作った食べ物等の意味がある麺の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ油揚げ麺は、小麦粉で製した麺を油で揚げたものを表すのです。

「油揚げ麺」の言葉の使い方

油揚げ麺は、文字通り、油を使用して揚げた麺という意味の言葉として使われています。

主にカップラーメンやインスタントラーメンに使用される麺に対して、この言葉が使われているのです。

「ノンフライ麺」とは?

ノンフライ麺は、のんふらいめんと読むべき言葉となっています。

文字で記されたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事ですが、油で揚げていないという意味を持っているノンフライの文字に、小麦粉等をこねて作った細長い食べ物といった意味を有する麺の漢字を加える事で完成した言葉です。

以上の事からノンフライ麺は、油で揚げずに作られた麺を示します。

「ノンフライ麺」の言葉の使い方

ノンフライ麺は、油で揚げる事なく作られた麺という意味で用いられる言葉です。

具体的には、麺を乾燥させる段階で油で揚げずに、熱風で乾燥させるという手法を駆使して製造される麺に対して、このノンフライ麺という言葉が使用されています。

「油揚げ麺」と「ノンフライ麺」の違い

油揚げ麺とノンフライ麺の文字表記を見比べれば、油揚げとノンフライという文字の違いに気付けるものです。

所が最後は共に麺の漢字であり、どちらもカップラーメン等に使用される麺を表現する言葉となっています。

とはいえ油揚げ麺は、油で揚げて作られた麺を表すのです。

一方のノンフライ麺は、油で揚げずに熱風で乾燥させた麺を示します。

まとめ

2つの言葉は共通する漢字の通り、即席ラーメンやカップラーメンに使われている麺を指し示す言葉同士です。

ただし油揚げ麺は、油で揚げるという方法を使って製造された麺に対して使用すべき言葉となっています。

対するノンフライ麺は、油で揚げずに熱風を使って乾燥させて製造された麺という意味で、用いるべき言葉です。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典