「season」と「period」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「season」と「period」の違い英語

この記事では、“season”“period”の違いを分かりやすく説明していきます。

「season」とは?

“season”の意味は以下の通りです。

1つ目は「季節」という意味で、四季それぞれのことを言います。

2つ目は「盛りの時期」という意味で、果実や魚などがよくとれる時期のことを言います。

3つ目は「流行期」という意味で、勢いが最も盛んな時期のことを言います。

4つ目は「味を付ける」という意味で、調味料などで風味をつけることを言います。

上記に共通するのは「何かに適している状態」という意味です。

「season」の使い方

“season”「季節」「盛りの時期」「流行期」「味を付ける」という意味で使われます。

名詞として使われたり、動詞としてわれたりして、「シーズン(季節)」「シーズニング(調味料)」などと日本語にもなっています。

基本的に、季節など、何かをするのに良い状態に使われる表現です。

「period」とは?

“period”の意味は以下の通りです。

1つ目は「時代」「時期」という意味で、時間の一つの区切りのことを言います。

2つ目は「学校の時期」という意味で、1学期、2学期、3学期のことを言います。

3つ目は「周期」という意味で、一回りする時間のことを言います。

4つ目は「終結」「終止符」という意味で、そこで最後であること言います。

上記に共通するのは「時間の区切り」という意味です。

「period」の使い方

“period”「時代」「時期」「学期」「周期」「終結」という意味で使われます。

名詞として使われたり、形容詞として「ある時代の」という意味で使われたりします。

基本的に、時間の流れの区切りに対して使われる表現です。

「season」と「period」の違い

“season”「季節」「何かに適している状態」という意味です。

“period”「時間の流れの区切り」という意味です。

「season」の例文

・『Japan has four seasons. 』
(日本には四季がある)
・『Fall is the best season for sports. 』
(秋はスポーツに最も適した季節だ)
・『He seasoned with black pepper. 』
(彼は黒コショウで味付けした)

「period」の例文

・『We have a six-month probation period before getting to work. 』
(わが社では本採用の前に6ヵ月間の試用期間があります)
・『The revenue will grow up by the next quarter period. 』
(売上高が次の四半期までに伸びそうだ)
・『She has a terrible period pain. 』
(彼女は生理痛が酷いらしい)

まとめ

今回は“season”“period”について紹介しました。

“season”「季節」「適した時期」“period”「時間の区切り」と覚えておきましょう。