「高嶺の花」と「高飛車」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「高嶺の花」と「高飛車」の違い生活・教育

この記事では、「高嶺の花」「高飛車」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

高嶺の花と高飛車の違い

高嶺の花と高飛車の違いは高根の花というのは自分にはとても手が届かない雲の上の女性という意味であるのに対して、高飛車というのはかなり意識が高い生意気な人間を意味する言葉になります。

高値の花と高飛車では全くその意味は異なります。

ですが、高嶺の花と思われている女性も高飛車と思われている女性もどちらも世間的にはかなり裕福なタイプの女性が当てはまるという点では共有しています。

特にや高飛車な女性というのは自分に対してかなり自信があるのでどんな人に対しても高圧的な態度を取ります。

ですので、普通の人は高飛車な女性に出会うとかなり驚いてしまう事になります。

高嶺の花は特にその人が高圧的という事はなく容姿が抜群に良い女性や裕福な女性を指します。

高嶺の花と高飛車の使い方の違い

高嶺の花の使い方としては綺麗な女性がいた時に憧れるだけで自分は告白する事さえできないと思っているという時に使います。

高飛車の使い方はとても生意気な女性がいた時になんて態度がデカい女性で人をバカにする女性だと軽蔑する時に使う言葉になります。

高嶺の花と高飛車の英語表記の違い

高値の花の英語表記はout of one’s leagueとなります。

高飛車の英語表記はhigh-handedとなります。

高嶺の花の意味

高嶺の花という意味は遠くから見ている事しかできない存在でとても自分には手が届かない存在の意味です。

高嶺の花の使い方

高嶺の花の使い方は付き合いたいと思ってもそんな事は夢物語だと思った時に使う言葉です。

高嶺の花の使い方として一番多いのは気になる人がいても自分には手が届かないという事を誰かと話す時に使う事が多いです。

本当は付き合いたいと思っていて可能なら付き合う気はあっても、自分でも相手にされない事は分かっていてそれを人に話して同情してもらう時等にも使います。

または高嶺の花と言っておきながらそれを否定する言葉を期待する時にも使ったりします。

高嶺の花を使った例文

・『彼女みたいな綺麗な女性と自分では全く釣り合わない。高嶺の花だ』

・『彼女は高嶺の花だからお前じゃ付き合えないよ。』

・『彼女のような高嶺の花と付き合うのは無理だ』

高嶺の花の類語

高嶺の花の類語としてあるのが雲の上の存在、別世界の人、別次元の存在といったものがあります。

高飛車の意味

高飛車の意味は高圧的な態度を意味します。

またそのような態度を取る人を意味します。

高飛車の使い方

高飛車の使い方はすごく生意気で高圧的な態度を取る人がいた時にそのような人を非難する時に使います。

高飛車というのは元々は将棋の専門用語でしたが、今では高飛車というのはかなり高圧的な態度を取る人を意味する言葉になりました。

高圧的な人がいた時にそのような人を誰かに伝える時に使います。

傲慢で嫌な態度を取ってきた人を表現するために使うのが多いのがこの高飛車という言葉になります。

高飛車を使った例文

・『高飛車な女で参ったよ』

・『高飛車な性格だと周囲からも呆れられるよ』

・『よくここまで高飛車になれるなと感心するよ』

・『高飛車な態度を取っているといつまでたっても結婚できないよ』

・『高飛車なのになんで人気があるのだろうか』

高飛車の類語

高飛車の類語としてあるのが傲慢、横柄、不遜、高圧的といったものがあります。

高飛車の対義語

高飛車の対義語としてあるのが謙虚という言葉あります。

高圧的で生意気で人を下に見るような態度とはまるで反対の意味としてあるのが謙虚になります。

まとめ

高嶺の花と高飛車という言葉はまるで意味が違う言葉になります。

高嶺の花は自分とは違って雲の上の人の存在という意味で使われる言葉でとても近づく事もできないという意味では使われます。

高飛車の方は相手がとても傲慢で人を見下したような高圧的な態度を意味する言葉で、その人を軽蔑する言葉になります。

高嶺の花と高飛車ではその意味が全く異なります。

高嶺の花と高飛車で共通する事があるとすれば、両者とも成功者としてそれなりに知られている事があるというのがあります。

高値の花と思われている人も高飛車な人もそれなりの立場の人間に対して使われる事が多いです。

もちろん、例外もありますがそこらへんにいる普通の人に対してはあまり高嶺の花とか高飛車な人間という風に言う機会は少ないです。

ですから、高嶺の花とか高飛車という言い方をされる人は多くはそれなりに成功している人が言われる事が多いです。

ただ、高嶺の花は良い意味で使われる言葉であるのに対して高飛車というのは悪い意味で使われる言葉なので、高嶺の花と高飛車では全くその言葉の意味が違います。

高嶺の花は言われて嬉しい言葉ですが、高飛車と言われるのはかなり不名誉です。