スポンサーリンク

「転職理由」と「退職理由」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「転職理由」と「退職理由」の違いとは?ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

「転職理由」「退職理由」はどちらも仕事に関係する理由を表す言葉です。

それぞれどのような理由のことで何が違うのでしょうか。

今回は、「転職理由」「退職理由」の違いを解説します。

スポンサーリンク

「転職理由」とは?

「転職理由」とは、「職業を変えることに至った事情」を意味する言葉です。

「転職理由」の使い方

物事がそのようになった事情やその結論に至った仔細のことを「理由」といいます。

ある結果に至るまでの途中経過やそのように考えた心の動きなどを総合したもので、人に対して説明するときの内容が理由に当たります。

転職、つまり今の仕事を辞めて別の仕事に変わることにした理由を表す言葉が「転職理由」です。

転職を決意したきっかけや決め手など最終的に転職するという結論に至った事情を総合したものが「転職理由」になります。

「退職理由」とは?

「退職理由」とは、「仕事を辞めるに至った事情」を意味する言葉です。

「退職理由」の使い方

現在の労働契約を打ち切り就いている仕事を辞めることを退職といいます。

「退職理由」とは退職する理由、つまり今の仕事を辞めるに至った事情や仔細を意味する言葉です。

仕事に対する不満や人間関係といった理由のほか結婚や出産、病気や介護などさまざまな「退職理由」が存在します。

「転職理由」と「退職理由」の違い

今の仕事を辞めて別の仕事に変える理由が「転職理由」、今の仕事を辞める理由が「退職理由」と新しい仕事に就く点を含むかどうかで区別されます。

「転職理由」は新しく就く仕事を重視しているのに対し「退職理由」は今の仕事を離れる点に重きが置かれています。

「転職理由」の例文

・『転職理由を尋ねる』
・『将来性のなさが大きな転職理由だ』

「退職理由」の例文

・『退職理由は病気療養である』
・『退職理由によっては会社都合退職扱いになる』

まとめ

「転職理由」「退職理由」は対象にしているものが明確に違います。

仕事を変えることと辞めることのどちらなのかを基準に区別してください。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典