スポンサーリンク

「拝命」と「任命」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「拝命」と「任命」の違いとは?違い

この記事では、「拝命」「任命」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「拝命」とは?

「拝命」「はいめい」と読みます。

意味は「相手から命令を受けることのへりくだった表現」です。

偉い人や目上の人から、仕事や役割などを命じられて、謹んで受けることを表します。

「拝命」の言葉の使い方

「拝命」は名詞として「拝命する・した」「拝命いたす・いたした」などと使われます。

「拝」「おが(む)」とも読み「頭を下げて礼をする」から転じて「上の立場の人からありがたく受ける」という意味、「命」「いのち」とも読み「言いつける」という意味、「拝命」「上の立場の人からの言いつけをありがたく受けること」になります。

「任命」とは?

「任命」「にんめい」と読みます。

意味は「ある官職や役目に就くよう命じること」です。

組織に属している人が、上司からある役割や仕事を担当する様に命令されることを表します。

「任命」の言葉の使い方

「任命」は名詞として「任命する・した」「任命される・された」などと使われます。

「任」「まか(せる)」とも読み「ある役目に当てる」という意味、「命」「言いつける」という意味、「任命」「ある役目を言いつけること」になります。

「拝命」と「任命」の違い

「拝命」「相手から命令を受けることのへりくだった表現」という意味です。

「任命」「ある官職や役目に就くよう命じること」という意味です。

「拝命」の例文

「拝命」の例文は以下の通りです。

・『部長を拝命いたしました〇〇と申します』
・『本日付で支店長を拝命いたしました』
・『議事進行役を拝命いたしました』

「任命」の例文

「任命」の例文は以下の通りです。

・『議長が書記を任命する』
・『上司より新人の教育係に任命される』
・『彼女を新しいプロジェクトのリーダーに任命する』

まとめ

今回は「拝命」「任命」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典