スポンサーリンク

「不織布マスク」と「ウレタンマスク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「不織布マスク」と「ウレタンマスク」の違いとは?違い

この記事では、「不織布マスク」【ふしょくふますく】と「ウレタンマスク」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不織布マスク」とは?意味

使い捨てができて、蒸れにくいのが「不織布マスク」【ふしょくふますく】と言います。

飛沫抑制効果に優れているマスクであり、かさばらずに持ち歩きができるところが魅力的です。

厚みを感じず、薄いので、長時間かけても負担を感じません。

2,3段に折れていて大きく伸ばせるものは、鼻の高さに合わせられます。

鼻下まで長くできるタイプであれば、自分の顔の形に合わせられるのも魅力的です。

30枚、50枚、100枚と大量にセットで売られているため、1枚あたりのコストは数円と安く買えると人気があります。

コストが低く、一回使った後は捨てられるところが衛生的に使えるため病院や介護施設でも選ばれるマスクです。

「ウレタンマスク」とは?意味

丈夫で破れにくく、洗濯機で洗えるところが便利なのが「ウレタンマスク」になります。

何度でも洗濯機で洗えるのもこのマスクの良さでもあり、型崩れしにくいのも魅力的です。

日陰でも乾くのが早いので、冬でも比較的早くに乾きます。

ほどよいフィット感があるのでずれにくく、運動するときも最適です。

伸縮性に優れている素材で、口と顎を動かす機会が多い人にも使えるマスクになるでしょう。

「不織布マスク」と「ウレタンマスク」の違い

「ウレタンマスク」よりもくしゃみしたとき、飛び散る飛沫や花粉を通す量が少ないのが「不織布マスク」の良さです。

一枚あたりのコストパフォーマンスに優れていますし、使い捨てで衛生的にも優れています。

ただ、長時間かけているとゴムが伸びやすかったり、濡れると破けやすいのが難点です。

もう一方の「ウレタンマスク」は、濡れても破けず、長時間かけていてもゴムが伸びにくいほど丈夫なマスクになります。

ただ、通気性がいいため、「不織布マスク」よりも飛沫を通しやすいのが難点です。

まとめ

どちらも人気があるマスクですが、色や見た目を考えるか、使い捨てができて飛沫をあまり通さないなど、自分が求める条件をクリアしている方を選ぶといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典