スポンサーリンク

「拝受」と「拝読」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「拝受」と「拝読」の違いとは?違い

この記事では、「拝受」「拝読」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「拝受」とは?

「拝受」「はいじゅ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「言葉や任務などを受けることのへりくだった表現」という意味で、偉い人や目上の人から言葉をかけられたり、仕事を言い渡されて引き受けることの謙譲語です。

2つ目は「物品を受け取ることのへりくだった表現」という意味で、偉い人や目上の人から物品を貰い受ける時の謙譲語です。

「拝受」の言葉の使い方

「拝受」は名詞として「拝受する・した」「拝受いたす・いたした」などと使われます。

「拝」「おが(む)」とも読み「頭を下げて礼をする」から転じて「自分の行為の前に付けて相手に敬意を示す語」という意味、「受」「う(ける)」とも読み「うけとる・うけいれる」という意味、「拝受」「相手に敬意を示しながら物やものごとを受け取ること」になります。

「拝読」とは?

「拝読」「はいどく」と読みます。

意味は「筆者の書き記した文章を読むことのへりくだった表現」という意味で、相手の書いた文章を読む際に、相手を敬う為に使う謙譲語です。

「拝読」の言葉の使い方

「拝読」は名詞として「拝読する・した」「拝読いたす・いたした」などと使われます。

「拝」「自分の行為の前に付けて相手に敬意を示す語」という意味、「読」「文や本をよむ」という意味、「拝読」「相手に敬意を示しながら記した文章を読むこと」になります。

「拝受」と「拝読」の違い

「拝受」「言葉や任務などを受けることのへりくだった表現」です。

「拝読」「筆者の書き記した文章を読むことのへりくだった表現」です。

「拝受」の例文

「拝受」の例文は以下の通りです。

・『海外勤務の辞令を拝受する』
・『社長より表彰状を拝受する』
・『書類を拝受いたしましたことご連絡申し上げます』

「拝読」の例文

「拝読」の例文は以下の通りです。

・『恩師からの手紙を拝読する』
・『歴史的資料を拝読する』
・『お客様からのご意見を拝読する』

まとめ

今回は「拝受」「拝読」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典