スポンサーリンク

「髪色戻し」と「黒染め」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「髪色戻し」と「黒染め」の違いとは?違い

この記事では、「髪色戻し」【かみいろもどし】と「黒染め」【くろぞめ】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「髪色戻し」とは?意味

ブリーチして金髪や茶色、赤など明るく染めた髪を元の黒い髪の毛に戻すことを「髪色戻し」【かみいろもどし】といいます。

少し色が派手すぎたと感じるとき、色をワントーン落とすなど簡単に髪色を戻せる商品を使うわけです。

金髪を真っ黒にするというよりも、派手な金色を栗色程度に色にするといった感じで髪の毛を戻せます。

この「髪色戻し」は、髪の表面にだけ色を付けるので、一時的に派手な色を落とせますが、すぐ元に戻ってしまうのが難点です。

「黒染め」とは?意味

しっかり髪の毛の内部にまで薬品が浸透することで、派手な色を真っ黒に染められる商品を「黒染め」【くろぞめ】といいます。

髪の毛の芯にまで薬品がしっかり浸透するため、光が当たっても髪の毛が明るく見えることもありません。

そのため、ブリーチして茶色や金髪にしたいと思ってもできないのが難点です。

また、染めるときの量を加減したり、放置時間を考えないと海苔のように真っ黒になってしまうこともありますので、注意が必要になります。

「髪色戻し」と「黒染め」の違い

「髪色戻し」「黒染め」の違いを、分かりやすく解説します。

一時的に派手な髪の毛の色をワントーン落ち着かせられるのが「髪色戻し」です。

簡単に髪の毛の表面にだけ色を付けて落ち着かせますが、髪の毛を数回洗えば元の派手な色に戻ってしまいます。

金髪の髪は緑色になり、赤色は無彩色になってしまうのが難点です。

もう一方の「黒染め」は、髪の毛の芯から黒く染めて黒髪にできますが、強く入れないようにセルフカラーリングするときは何回か段階を分けて、量を抑えながら鏡でチェックして染めていくことが求められます。

まとめ

どちらも髪の毛の色を変えられるものですが、染め方や染め具合、注意点などに違いがありますので、どのようなところが異なるか動画やサンプルで見比べてみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典