スポンサーリンク

「抜け出す」と「脱け出す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「抜け出す」と「脱け出す」の違いとは?違い

この記事では、「抜け出す」「脱け出す」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「抜け出す」とは?意味

人に見つからないように足音を立てずにこっそりと今の状況から抜け出て離れることを「脱け出す」【ぬけだす】といいます。

このように「脱け出す」理由には悪い状態であるため、その好ましくないと感じることから自分だけがうまく出て、本当にやりたいことをやってみたいと思う気持ちに包まれるからです。

他の意味としては、複数人いる中で、飛び切り自分だけ能力が優れていることを指す言葉ともなります。

「脱け出す」とは?意味

監視されている所から抜け出ることを「脱け出す」【ぬけだす】といいます。

狭い場所に閉じ込められているその状況から離れるためにも、自分なりに方法を考えたうえで脱出するのです。

このように、「脱け出す」理由には現状に不満を持っているときや、なんとかいい方向に向かわせようと行動に移す考えを表します。

「抜け出す」と「脱け出す」の違い

「抜け出す」「脱け出す」の違いを、分かりやすく解説します。

自分の身に危険が迫っているときや、好ましくないと思う状態から逃げて巻き込まれないようにするのが「脱け出す」です。

狭い場所から広い所に出て自由に自分がやりたいことをやろうと思う気持ちを現実のものにします。

もう一方の「脱け出す」は、今の状況があまり良くないので改善しようと考えるわけです。

また、過去にいいことがなく、そのスランプから離脱しようと行動します。

「抜け出す」の例文

・『この状況から抜け出して、自分がやりたいことがしたい』
・『給料が安い現状から抜け出すため、勉強して公務員になった』

「脱け出す」の例文

・『監禁されたが、意を決して犯人から脱け出すため窓を割った』
・『この職場では才能が発揮できないと思い、職場を脱け出した』

まとめ

同じ読み方をする言葉ではありますが、意味に違いがありますので、自分なりに使うときはどのような状況でどう使えばいいかを考えてから使ってみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典