スポンサーリンク

「必着」と「当日消印有効」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「必着」と「当日消印有効」の違いとは?違い

この記事では、「必着」「当日消印有効」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「必着」とは?

「必着」「ひっちゃく」と読みます。

意味は「定められた期日までに目的地に必ず到着すること」で、自分が移動したり、物を配送する時などに、決められた日までに相手や目的の場所に必ず届く様に手配することです。

「必着」の言葉の使い方

「必着」は名詞として「必着させる・させた」「〇曜日必着」などと使われます。

「必」「ぜひともしなければならない」という意味、「着」「行きつく」という意味、「必着」「期日までに是非とも行きつかなければならないこと」になります。

「当日消印有効」とは?

「当日消印有効」「とうじつけしいんゆうこう」と読みます。

意味は「期日までに現物が送り先に届いていなくても、配達受付の消印が期日内に押されていれば有効となること」です。

たとえば期日が9月30日で「当日消印有効」と記載されている場合、9月30日に配達受付して消印が押されていれば、実際に配達されるのが10月1日以降であっても有効になるのです。

「当日消印有効」の言葉の使い方

「当日消印有効」はビジネス用語として求人やキャンペーンなどの応募条件として使われることが多くなります。

基本的に、郵便物に使われる言葉で、メールやラインでの申し込みには使われません。

「必着」と「当日消印有効」の違い

「必着」「定められた期日までに目的地に必ず到着すること」です。

「当日消印有効」「期日までに現物が送り先に届いていなくても、配達受付の消印が期日内に押されていれば有効となること」です。

「必着」の例文

「必着」の例文は以下の通りです。

・『10日必着なので速達で郵送する』
・『金曜日必着の書類を持ち込む』
・『5時必着のバイク便を利用する』

「当日消印有効」の例文

「当日消印有効」の例文は以下の通りです。

・『履歴書は31日締切りで当日消印有効だそうだ』
・『応募ハガキは月末締め切り当日消印有効です』
・『当日消印有効なので今日中に郵便局へ行く』

まとめ

今回は「必着」「当日消印有効」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典