スポンサーリンク

「夕立」と「ゲリラ豪雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「夕立」と「ゲリラ豪雨」の違いとは?違い

急に降り出す雨のことを示す言葉には「夕立」「ゲリラ豪雨」があります。

この記事では、「夕立」「ゲリラ豪雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夕立」とは?

「夕立」とは夕方に降りだす雨を示す言葉であり、特に夏の時期に発生するものを示します。

「夕立」は夏の午後から夕方にかけて降るにわか雨を示す言葉であり、雨の強弱は特に決まっていないのが特徴です。

この時期は天候の変化も激しい場合が多く、実際に降る「夕立」は豪雨レベルになるものも存在します。

しかしそれ以外の小規模なにわか雨であっても「夕立」という表現を使うことは可能です。

「ゲリラ豪雨」とは?

「ゲリラ豪雨」とは急に振り出す雨のことを示す言葉であり、特に強い雨や雷を伴うものを表します。

「ゲリラ豪雨」は気象庁ではなくマスコミが通称として使う言葉であり、他にも突発的な降雨を示す言葉としては「ゲリラ雷雨」が存在します。

この言葉に使われている「ゲリラ」は元々スペイン語で反政府組織や勢力を示す言葉であり、電撃的な作戦を用いることから比喩表現として「ゲリラ豪雨」が作られました。

「ゲリラ豪雨」は時間や季節を問わず突発的なにわか雨や豪雨に対して使うことが可能です。

「夕立」と「ゲリラ豪雨」の違い

「夕立」は主に夏の午後から夕方に掛けて降るにわか雨を表す言葉です。

「ゲリラ豪雨」は時間や季節を問わず急に降る豪雨や雷雨を示す言葉です。

どちらも気象庁の正式な用語ではなく、通称として色々場面で使われています。

「夕立」の例文

・『退社してからすぐ夕方に見舞われました』
・『夕方を避けるために本屋に立ち寄りました』

「ゲリラ豪雨」の例文

・『急なゲリラ豪雨のせいでビショビショに濡れてしまった』
・『ゲリラ豪雨で汚れてしまった庭を綺麗にしました』

まとめ

「夕方」「ゲリラ豪雨」は急に降るにわか雨や雷雨を表す言葉です。

「夕立」は夏の季節にのみ使いますが、「ゲリラ豪雨」は色々な場面で使うことが可能です。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典