スポンサーリンク

「土臭い」と「泥臭い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「土臭い」と「泥臭い」の違いとは?違い

この記事では、「土臭い」「泥臭い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「土臭い」とは?

土臭いは、つちくさいという読み方をする言葉となっています。

文字で記されたこの言葉を目にすれば、一目瞭然な事でしょうが、つちやとちといった意味の土の漢字に、不快なにおいを感じるといった意味がある臭いの文字を付け加える事で誕生した言葉となっています。

以上の事から土臭いは、土のにおいがする事や如何にも田舎染みている事といった意味を示すのです。

「土臭い」の言葉の使い方

土臭いは、単純に土のにおいがする事や、野暮ったいといった意味の言葉として用いられています。

例えば、収穫したばかりの大根等は土が沢山ついていて、土のにおいがするのでこの、土臭いという言葉を使用したりして表現するのです。

他には、比喩的に田舎くさい事を表す際にも、この言葉が使用されたりします。

「泥臭い」とは?

泥臭いは、どろくさいという読み方をすべき言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば、理解出来る事ですが、どろやどろ状のものといった意味を持っている泥の漢字に、嫌なにおいがするといった意味を所有する臭いの文字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ泥臭いは、泥みたいな臭みがする事や、あかぬけていない様子といった意味を表すのです。

「泥臭い」の言葉の使い方

泥臭いは、文字通り、泥の様なにおいがする、といった意味で使われています。

他にも、あかぬけておらず野暮ったい、という意味で比喩的に、使用されたりもするのです。

「土臭い」と「泥臭い」の違い

土臭いと泥臭いの文字を見比べれば、土と泥という漢字の違いに気付く事が出来ます。

所がその後に続く2文字は共に、臭いであり、共通する部分もあるのです。

更にどちらも、洗練されてなくて野暮ったいといった同じ意味も有しています。

ですが文字が指し示す様に、土のにおいか、泥のにおいかという微妙な意味合いの違いも、持っているのです。

まとめ

2つの言葉は、最初の漢字に違いがあるものの、残りの2文字は同じ文字を使用しています。

加えて、野暮ったいという同じ比喩的な意味があるのも共通点と言えるのです。

ですが直ににおいを表現する際には文字通り、土のにおいか、泥のにおいかという違いも存在しています。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典