スポンサーリンク

「キャセロール」と「グラタン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「キャセロール」と「グラタン」の違いとは?食べ物・飲み物
スポンサーリンク

この記事では、「キャセロール」「グラタン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャセロール」とは?

「キャセロール」とは思い思いの具材をソースや濃縮スープなどと混ぜ合わせて耐熱容器に詰めてオーブンで焼く料理です。

耐熱容器のまま食卓に並べられることや冷蔵庫整理もできることなどから人気が出て家庭料理として定着しました。

ソースはホワイトソースを使うこともありますがトマトソースを使ったりなど味は様々です。

また肉や野菜だけでなく米やパスタを入れて作ることもあります。

「グラタン」とは?

「グラタン」とはオーブンで表面を焦がすように焼いた料理です。

日本では特に耐熱容器にホワイトソースと肉や野菜を入れチーズを乗せて焼いたものが一般的でしょう。

ただしオニオングラタンスープのようにホワイトソースを使っていないものもあります。

ホワイトソースで作るものは中にパスタが入れられていることも多いですが、日本では米を入れたものは別の料理として扱われることが多いでしょう。

「キャセロール」と「グラタン」の違い

「キャセロール」「グラタン」の違いを、分かりやすく解説します。

耐熱容器に具材とソースを混ぜたものを入れてオーブンで焼いた料理が「キャセロール」で、オーブンで表面を少し焦がすように焼いた料理が「グラタン」です。

「キャセロール」は様々なソースや濃縮スープを使いますが、日本では「グラタン」はホワイトソースを使います。

また「キャセロール」は結果的に表面が多少焦げる事はあるものの焦げるかどうかは重要ではありません。

しかし「グラタン」は表面が多少焦げることが重要なポイントです。

まとめ

「キャセロール」「グラタン」は実際に似た調理法の料理ですが、日本ではトマトソースなどホワイトソース以外も使う「キャセロール」と、ホワイトソースやチーズを焦がすように作る「グラタン」という点が違います。

日本以外の場合はオーブンで焼いて焦げ目がついたかどうかは重要ではないのが「キャセロール」で、多少焦げ目を作ることが重要な料理が「グラタン」です。

食べ物・飲み物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典