スポンサーリンク

「エシャロット」と「タマネギ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「エシャロット」と「タマネギ」の違いとは?違い
スポンサーリンク

フランス料理で、たまにみかける小さな「タマネギ」のような野菜があります。

紫色のものもありますが、これは「エシャロット」と呼ばれています。

この「エシャロット」「タマネギ」とどう違うのでしょうか。

この記事では、「エシャロット」「タマネギ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エシャロット」とは?

「エシャロット」とは、調味料としてフランス料理のソースにいれたり、そのまま調理に使用する香りの強い野菜のことです。

食用にしているのは地下茎の大きくなった部分で、見た目は普通の「タマネギ」に似ていますが、かなり小さく、楕円形をしています。

「エシャロット」という名称はフランス語で、英語では「シャロット」と言います。

日本では材料として流通することがあまりなく、いままでは料理に使用されることありませんでしたが、最近は大きなスーパーなどでも見かけることができるようになっています。

「タマネギ」とは?

「タマネギ」とは、ヒガンバナ科ネギ属の野菜で、食用として栽培され、ご存じのようにカレー、ハンバーグ、ミートソースなど、子供の好きな料理には必ず入っています。

切るときに涙が出るのは、切ったときに破壊された細胞から硫化アリルという物質が放出され、それが目や鼻の粘膜を刺激することが原因です。

「エシャロット」と「タマネギ」の違い

「エシャロット」「タマネギ」の違いを、分かりやすく解説します。

結論からいえば、この2つは植物学的には同じ「タマネギ」です。

「タマネギ」の変種を栽培固定したものが「エシャロット」と呼ばれるようになりました。

「タマネギ」のなかで多くの解説ページに「エシャロット」「タマネギ」ではなく、「ラッキョウ」だと書かれていますが、これは、以前日本で「エシャロット」として売られていたものが早摘みの「ラッキョウ」であったことを根拠にしているのですが、現在ではこの「ラッキョウ」「エシャレット」と記載することがほとんどです。

まとめ

この記事では、「エシャロット」「タマネギ」の違いに関して説明してきました。

ここまででお分かりのように、「タマネギ」「エシャロット」はもとは同じものです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典