スポンサーリンク

「エスプレッソコーヒー」と「ドリップコーヒー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「エスプレッソコーヒー」と「ドリップコーヒー」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「エスプレッソコーヒー」「ドリップコーヒー」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

エスプレッソコーヒーとは?

エスプレッソコーヒーとは、エスプレッソマシンなど専用の器具を使って圧力をかけながら抽出したコーヒーのことをいいます。

イタリアで生まれた抽出方法で、イタリア語の「espresso」をおそのまま日本語読みした言葉になります。

イタリアではコーヒーというと、エスプレッソコーヒーのことを指します。

また、フランスやスペイン、ポルトガル等の国でもエスプレッソコーヒーが主流です。

また、エスプレッソコーヒーは、カフェラテやカプチーノ、マキアート等のベースになるコーヒーでもあります。

ドリップコーヒーとは?

ドリップコーヒーとは、紙や布を使ってコーヒーの粉にお湯を注いでをろ過しながら抽出したコーヒーのことをいいます。

英語のドリップ(drip)には、「滴る」とか「落ちる」といった意味があります。

一口にドリップコーヒーといっても、専用の紙を使うペーパードリップや布製のフィルターで抽出する練るドリップ、アルコールランプで熱したお湯で抽出するサイフォン等色々あります。

また、ボタンを押すだけで美味しいドリップコーヒーができあがるコーヒーメーカーもあります。

エスプレッソコーヒーとドリップコーヒーの違い

エスプレッソコーヒーは、圧力をかけて短時間で抽出します。

そのためコーヒーの成分が多くしみ出すので、味が濃厚で苦みも強いです。

イタリアでは砂糖を入れて飲まれています。

それに対してドリップコーヒーは、時間をかけて蒸らしながら抽出するので深い味わいのコーヒーになります。

また、エスプレッソコーヒーは通常のコーヒーカップの半分程の小さなカップで提供されるのが一般的です。

まとめ

エスプレッソコーヒーとドリップコーヒーでは、抽出の仕方に違いがあります。

圧力をかけて短時間で抽出するのがエスプレッソコーヒーで、時間をかけて蒸らしながら抽出するのがドリップコーヒーです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典