スポンサーリンク

「エルフ」と「妖精」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「エルフ」と「妖精」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「エルフ」「妖精」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エルフ」とは?

「エルフ」とは、「北欧神話をはじめ、北ヨーロッパの民間伝承に登場する架空の種族」のことです。

「エルフ」は元々「ゲルマン神話」に起源を持つと言われており、自然や豊かさを司る小神族として扱われていましたが、日本語では「妖精」「小妖精」、近年では「森の中に住む種族」というイメージが定着したことから「森人」とも訳されます。

「エルフ」は伝承によって様々な外見や性格で描かれますが、「エルフ」と聞くと「金髪に白い肌、尖った耳などの外見的特徴を持つ賢明な美男二女」をイメージされる方も多いのではないでしょうか?

これは20世紀文学の中でも最もポピュラーな作品の1つに数えられる「J・R・R・トールキン」作の長編小説「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」作中の「エルフ」の描写による影響が大きいとされています。

「妖精(ようせい)」とは?

「妖精」とは、「神話や伝説、民間伝承などに登場する架空の生物」のことであり、「フェアリー」とも呼ばれています。

「妖精」と言えば「ピーターパン」に出てくる「ティンカーベル」のように「背中に羽を持つ小さな人間」をイメージしやすいですが、可愛らしいものから不気味なもの、人間に好意的な性格ものから逆に非好意的な性格のものなど、物語や伝承によって様々な外見、性格で描かれます。

「エルフ」と「妖精」の違い

「エルフ」は北欧神話や民間伝承に登場する架空の種族のことであり、同じく「妖精」も 神話や伝説、民間伝承などに登場する架空の生物のことです。

どちらも物語によって様々な描かれ方をしており、「エルフ」「妖精」と訳されることもあることから、お互いに近い特徴を持つキャラクターとして創作されるケースもあるようです。

まとめ

「エルフ」とは、「北欧神話をはじめ、北ヨーロッパの民間伝承に登場する架空の種族」のことです。

「妖精」とは、「神話や伝説、民間伝承などに登場する架空の生物」のことです。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典