スポンサーリンク

「毛布」と「ブランケット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「毛布」と「ブランケット」の違いとは?違い

この記事では、「毛布」【もうふ】と「ブランケット」の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「毛布」とは?意味

厚みがある「毛布」【もうふ】は、冬の寒い時期しっかり深い眠りにつけるよう全身に掛けて寝ることに特化した寝具になります。

素材は気温がかなり低いときでも全身が寒くならないよう暖めて寝られる羊の毛を採用しているものが一般的です。

乾きやすい毛であるため、汗をかいても濡れてひどくカビが生えるといった問題が起きにくいのが利点です。

しっかり羊毛が詰まっているのに重さを感じず、ふわっとした軽やかな掛け心地であるところが快適な眠りにつけて、支持されるところになります。

保温性に優れているため、マイナス何十度というかなり低い気温のときも重宝する掛け布団となるでしょう。

「ブランケット」とは?意味

日本語で「毛布」を英語で“blanket”(ブランケット)と書くこの寝具は、海外では肌寒いとき気軽に使えるものとして使われています。

厚手の「毛布」とは別に使うもので、快適な睡眠を考えて使うものです。

「毛布」よりも薄手であるのでストレスなく掛けられる寝具として毎日の生活に取り入れられています。

ちょうどよく深い眠りにつけるよう工夫して作られている「ブランケット」は、人によっては仮眠をとるとき、風邪をひかないように服を着た上に軽く掛けてちょっと寝るときに使うわけです。

またある人は、車の中で少し仮眠をとるとき胸から下、下半身だけ包んで冷えから守ります。

「毛布」と「ブランケット」の違い

「毛布」「ブランケット」の違いを、分かりやすく解説します。

薄手の「毛布」を二枚重ね合わせたものはかなり保温性が高いため、1枚だけでも気温がかなり低い日に使える寝具です。

羊毛を隙間なく織って作られているため、冷たい風を通しにくいので北風が吹きつけて室内が低くなる和室でも快適に眠れるわけです。

また、衝撃材として家具を包んで守って運ぶ運送業者で使われています。

もう一方の「ブランケット」は、薄いのにほどよい保温性があるので、少し肌寒いと感じるときの掛け毛布として使えるのがいいところです。

丸めると持ち運びしやすいほど軽量であるため、スポーツ観戦の際にも肩から膝に掛けて使えば暖かくして快適に試合を楽しめるでしょう。

大きさは「毛布」と同じですが、薄くて軽いため、下半身だけに掛けるのもちょうどよく、ソファで少し寒いので暖かくしたいと思うときにも最適です。

まとめ

寒い季節に使う寝具であるところは同じですが、厚みや重さ、使われている素材などに違いがありますので、実際に掛けてみて、実感してみるといいでしょう。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典