スポンサーリンク

「仕出し」と「ケータリング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「仕出し」と「ケータリング」の違いとは?違い

この記事では、「仕出し」「ケータリング」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

仕出しとは?

仕出しとは、飲食店などが店舗ではない別の場所に料理を提供することをいいます。

自宅や会社、集会所など指定された場所に料理を配達し、容器などは後から回収します。

料理を配達するサービスには出前もありますが、比較的高級な料理を配達することを仕出しと呼ぶことが多いです。

ただし、明確な定義があるわけではありません。

仕出しの料理には、会席料理やお寿司などの和食が多いです。

最近ではステーキ等の洋食を提供することもあります。

仕出しは江戸時代に誕生したもので、大名などが高級な料理を取り寄せるようになったのが始まりとされます。

ケータリングとは?

ケータリングとは、客先に出向いていて料理を提供するサービスのことをいいます。

英語のcateringをそのままカタカナ読みした言葉になります。

ケータリングはただ料理を配達するだけではなく、スタッフがテーブルセッティングをしたり盛り付けや配膳なども行います。

レストランに近い形で料理を提供するのがケータリングです。

会社の記念式典や懇親会、パーティーなど幅広いシーンで利用されています。

仕出しとケータリングの違い

仕出しはお弁当などで料理を配達するサービスです。

それに対してケータリングは、料理を配達するだけではなくテーブルセッティングや配膳なども行います。

仕出しは法事や親戚の集まりなど小規模な集会にも利用されますし、大規模なイベントなどで利用されることもあります。

ケータリングの場合には、パーティーなど規模が大きいイベントに利用されることが多いです。

また、本来は料理を届けるだけのものはケータリングに該当しませんが、明確な定義があるわけではないのでケータリングと謳っている業者もあります。

まとめ

仕出しは料理を指定された場所に届けることで、ケータリングには料理だけではなくテーブルセッティングや配膳なども含まれます。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典