スポンサーリンク

「借金」と「融資」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「借金」と「融資」の違いとは?金融・経済
スポンサーリンク

この記事では、「借金」【しゃっきん】と「融資」【ゆうし】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「借金」とは?意味

お金がない人が困って金融会社に借りることを「借金」【しゃっきん】といいます。

賭け事に貯金を使い果たしたり、給料が安いため普通の生活ができないので、当面のお金を金融会社に借りて暮らすなどそれぞれ理由は違えどもお金を一時的に借りて、後から返済していくわけです。

なかには高いものを購入するため、足りない分を「借金」してすぐに車や楽器を購入する人もいます。

それだけ今お金が必要であるといった状況を改善するため利用するわけです。

「融資」とは?意味

会社を立ち上げるため、銀行に申請してまとまったお金を用意してもらうことを「融資」【ゆうし】といいます。

自分がやりたいと思う分野を追求し、利益を上げるために何千万円単位も借りるわけです。

また、会社を経営していて商品が売れないのであれば、新たに新商品を開発するため銀行に「融資」してもらいます。

しかし、それでも経営状態が悪化する場合は新たにお金を借入れて事業を継続します。

個人で借りるよりも、企業が事業のためにお金を借りるといったとき使う言葉です。

「借金」と「融資」の違い

生活が苦しいので、消費者金融や知人にお金を一時的に借りて今の悪い状況をやりくりして、いい方向にするために借りることを「借金」といいます。

主に、個人消費のためお金が必要といったとき、1万円単位で借りられる金融会社が多く、簡単な手続きでその日のうちに借りられるのが魅力的なところです。

もう一方の「融資」は、一度に数百万から数千万円と多額のお金を銀行に申請した後借りて商品を開発したり、会社を継続するために使います。

「融資」が認められるまでどこがどのような用途に使うか慎重に審査するため、お金を借りられるまで時間を要するという違いがあります。

まとめ

どちらも理由があって借りられるものですが、個人の趣味や生活のために借りるのか、企業が売り上げを伸ばして経営状態を良くするために受けるものという違いがあると覚えておくといいでしょう。

金融・経済
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典