スポンサーリンク

「乳歯」と「永久歯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「乳歯」と「永久歯」の違いとは?専門用語・業界用語
スポンサーリンク

この記事では、「乳歯」「永久歯」の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

乳歯とは?

人の歯は一度生え替わりますが、最初に生えてくる歯のことを乳歯といいます。

お母さんのお腹の中にいる胎児の時に乳歯の元が作られ、生後6か月から8か月頃に前歯から生えてきます。

個人差はありますが、2歳から6歳頃までに生えそろいます。

上下左右を合わせると、全部で20本あります。

乳歯という名前は、母乳を飲んでいる時期に生えてくることからつけられました。

エナメル質や象牙質、歯髄(神経)、セメント質でできています。

6歳頃から永久歯に生え代わるので、抜け落ちます。

そのため脱落歯と呼ばれることもあります。

永久歯とは?

永久歯とは、乳歯の後に生えてくる歯のことをいいます。

永久歯は6歳から12歳頃にかえて生えそろい、その後は生え変わることはありません。

亡くなるまで使う歯です。

親知らずも合わせると、全部で32本あります。

親知らずは10代後半から20代前半にかけて生えてくる歯ですが、退化しているので生えてこない人もいます。

また、横向きに生えたり虫歯になりやすいので、抜歯することもあります。

乳歯と永久歯の違い

乳歯も永久歯も歯の構造は同じですが、永久歯の方が乳歯よりも大きく硬いです。

乳歯も永久歯も表面にあるのはエナメル質で、その下にあるのが象牙質になります。

永久歯のエナメル質と象牙質の厚さは、乳歯の2倍あります。

乳歯はエナメル質と象牙質が薄いので、虫歯になりやすいといえます。

また、歯は生えてから石灰化が進みます。

石灰化とは、唾液中のリンやカルシウムが歯に沈着することをいいます。

それにより歯は硬くなり虫歯にもなりにくくなります。

乳歯は石灰化が起きていないので、歯が柔らかく虫歯になりやすいです。

ただし、永久歯も生え始めの数年はまだ石灰化が進んでいないので、虫歯になりやすい状態です。

まとめ

永久歯は乳歯よりも大きく硬いので、虫歯になりにくいです。

専門用語・業界用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典