「先日」と「昨日」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「先日」と「昨日」の違い生活・教育

この記事では、「先日」「昨日」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

「先日」と「昨日」の違い

最初に「先日」「昨日」の違いをご説明致します。

「先日」「昨日」の違いについて見ていきましょう。

前者の「先日」というのは、基本的に1ヶ月以内の過去の日を指していると認識してください。

そして、後者の「昨日」というのは、今日の前の日にあたる「昨日」を指しております。

以上が「先日」「昨日」の違いとなりますので、よく理解して活用するべき場面で利用してみてください。

「先日」と「昨日」の使い方の違い

次は「先日」「昨日」の使い方の違いを解説していきます。

「先日」「昨日」の使い方の違いは、上で解説した違いを照らし合わせていきましょう。

すると使い方の違いが、ご自分で判断できるはずです。

「先日」というのは、1ヶ月以内の過去の日を意味し、「昨日」というのは今日の前の日を意味しているのです。

したがって使い方はこのようになってきます。

前者の場合は、「先日お会いした時に、お話をさせていただきまして~」という使い方が妥当でしょう。

また、後者の方は、「昨日に提案してくれたプロジェクトのファイルを読んだので~」という使い方が分かりやすいはずです。

日常的に使う頻度が意外に高い言葉になるはずですので、よく把握しておいてください。

「先日」の意味

ここでは「先日」の意味をご説明致します。

改めて「先日」の意味としては、大体ですが1ヶ月以内の過去の日を指しているようです。

例えばですが、1日前であれば「昨日」となります。

そして、2日前だと「一昨日」という風になりますが、5日経過し10日経過した時の表現する際に、適切と判断されるのが「先日」という言葉になるのです。

是非とも「先日」の意味を理解して、日常で上手に利用してみてください。

「先日」の使い方

次は「先日」の使い方を解説していきます。

「先日」の使い方は、上で解説した「先日の意味」を理解することで、使い方が見えてくるはずです。

改めて意味を解説しますと、「先日」というのは1ヶ月以内の過去の日を意味しております。

したがって使い方としては、「先日にお取り置きをしておいた商品が入荷しましたので、お電話差し上げました」という使い方が非常にイメージしやすいでしょう。

このように「先日」という言葉は、日常的に使うことが多い言葉になります。

特にビジネス等している人は利用する頻度は高いはずですので、参考にしておいてください。

「先日」を使った例文

ここの項目にて「先日」を使った例文を書いていきます。

・『先日のプレゼンを先方がたいそう気に入ったそうだ』
・『先日の話を思い出しましたので、ご連絡差し上げました』
・『あの調子だと先日の事は覚えていないようだ』
・『先日のキャンペーンの時に申し込めば、割引が適用になったそうだ』
・『先日の取引はうまくいきました』
以上が「先日」を使った例文になりますので、把握しておいてください。

「先日」の類語

次は「先日」の類語を見ていきましょう。

「先日」の類語として考えられるのは、「この前」「この間」等が類語として考えられます。

これらも「先日」と同じように、大体1ヶ月以内の過去の日を指す時に使いますので、参考にしておいてください。

「先日」の対義語

ここでは「先日」の対義語を説明します。

「先日」の対義語としては、「後日」(ごじつ)が対義語となります。

「先日」は過去ですが、「後日」というのは、対象の日から先の日の事を意味しております。

参考にしておくと便利になるはずです。

「昨日」の意味

改めて「昨日」の意味をご説明致します。

「昨日」の意味としては、今日の前の日(一日前)を意味しておりますので、参考にしてください。

この「昨日」という言葉は、ご説明の必要ないほどに認識され、普通に使うことが多いはずですので、改めて把握されておくとスマートに使いこなせるでしょう。

「昨日」という言葉は、非常に利用することが多いので、意味や使い方も押さえておくと恥をかかずに済みますので、押さえておいてください。

「昨日」の使い方

次は「昨日」の使い方を解説していきます。

「昨日」の使い方も、上の「昨日」の意味を見ていくとご自分で使い方が見えてくるでしょうし、どのような場面で使うべきか判断できるはずです。

「昨日」というのは、今日の一日だけ前の日と覚えてください。

したがって、使い方としては、「昨日のカレーが残っているので、今日もそのカレーを食べようと思います」という使い方が分かりやすいでしょう。

この使い方は、日常を意識して使ってみましたが、「昨日」という言葉は非常に身近であることを改めて認識していただくと幸いです。

「昨日」を使った例文

ここでは「昨日」を使った例文を書いていきます。

・『昨日からトイレの調子が悪いので、水道修理業者へ修理の依頼を出した』
・『昨日の地震によって、水道管が破裂してしまったようだ』
・『昨日、息子と喧嘩してしまい、今日は息子の機嫌を取ろうと思います』
・『眼科の予約は昨日の夕方に電話で取りました』
・『昨日に商業施設がオープンしたので、今日は行ってみようと思う』
以上が「昨日」を使った例文になりますので、参考にしてみてください。

「昨日」の類語

ここでは「昨日」の類語を解説していきます。

「昨日」の類語としては、「前の日」「前日」というのが類語として成立します。

「昨日」という表現の他にも、この類語の表現でも意味は変わりませんので、是非とも覚えて利用してください。

「昨日」の対義語

最後に「昨日」の対義語を見ていきましょう。

「昨日」の対義語としては、「明日」(あした・あす)が対義語として成立します。

「昨日」は今日の前の日です。

対義語の意味は、今日から数えて一日次の日という意味です。

したがって対義語として成立しますので、覚えておいてください。

「まとめ」

まとめとしては、「先日」というのは1ヶ月以内の過去の日を指しております。

因みに明確な日付の定めはありませんので、ある意味で臨機応変に使えるという利点が存在します。

そして、「昨日」というのは今日の一日前の日と覚えてください。

日常的に使う言葉だからこそ、スマートに使いこなせたら非常にカッコイイものですので、是非とも把握して利用してみてください。